パーティー好き必見!バカルディ・ラムの“ハイエナジー居酒屋”が渋谷に限定オープン!

https://www.instagram.com/bacardijapan/i

モヒートのブームによって、日本でもメジャーなスピリッツとして認知されるようになったバカルディ・ラム。
そのバカルディ・ラムはモヒートだけではなく、様々な飲み方で楽しめるのが魅力の一つです。
なかでも最近話題なのが、居酒屋などでも提供されている「ラムハイ」という、ラム版のハイボール(ラムのレモン入りソーダ)。

そのラムハイの世界観を味わえる「ハイエナジー居酒屋・ラムハイハウス」が、4/20(金)〜4/27(金)までの期間限定で渋谷にオープンします。
当記事では、先駆けて行われたレセプションの様子とともに、「ハイエナジー居酒屋・ラムハイハウス」がどのようなものなのか、ご紹介していきます。

パーティー好きの方は特に必見です。

スポンサーリンク

ハイエナジー居酒屋・ラムハイハウスは若者のカルチャーが詰まった古民家居酒屋!

「ハイエナジー居酒屋・ラムハイハウス」は、ラムハイを楽しめるのはもちろん、クラブやゲーム、そしてSNS映えなど若者のカルチャーが一箇所に詰まった、唯一無二の居酒屋。
“100年の古民家でハジけろ!”をテーマに、エナジー溢れる大都市、渋谷のとある古民家を特別仕様にして、“ハジける”コンテンツが散りばめられています。

ラムハイハウスの外観。古民家を特別仕様にしている。

ラムハイハウスの外観。古民家を特別仕様にしている。

会場では、クリエイターが手がけた独特の雰囲気の中、立ち飲み形式で(一部座敷あり)ラムハイを楽しめるだけでなく、ラムハイと相性バッチリな料理も楽しめます。(なんと1杯目は無料!)
ちなみにラムハイは、モヒートブームを呼び込んだバカルディ・ジャパン社がイチオシする新しいラムの飲み方で、レモン香る爽やかな味わいが特徴。ラムの陽気な雰囲気を感じさせる、ハイエナジーなお酒の楽しみ方です。
これらを口にしながら、クラブやゲーム、SNS映えする撮影スポットなど各コンテンツを体験し、陽気にハジけられます。

ラムハイはレモン香る爽やかな味わいで飲みやすい。

ラムハイはレモン香る爽やかな味わいで飲みやすい。

立ち飲み形式で皆で盛り上がれる。

立ち飲み形式で皆で盛り上がれる。座敷もあり座って寛ぐことも可能。

【そもそもハイエナジーって?】
バカルディは、キューバでの創業からキューバ革命を経験し、拠点をプエルトリコに移して現在に至るまで、激動を生き抜いて世界No.1ラム(IWSR調べ)として君臨しているお酒。それからラムは歴史的に“盛り上がれるお酒”として広まっていったもの。こういった背景があり、バカルディのラムはエナジーみなぎる、ハイエナジーなお酒なのです。

若者が楽しめるコンテンツ、サービスが満載!それぞれざっくりご紹介

「ハイエナジー居酒屋・ラムハイハウス」の会場内に用意された、コンテンツやサービスをご紹介していきましょう。

  • 渋谷最小のクラブルーム
  • みんなでゲームをプレイ
  • SNS映えするコンテンツ

渋谷最小のクラブルーム

4.5畳のクラブルーム。ボリュームや重低音がしっかりしている。

4.5畳のクラブルーム。ボリュームや重低音がしっかりしている。

会場内には4.5畳ほどの部屋に特別な仕様を施した、渋谷最小のクラブルームがあります。
本格的な音響、照明設備となっており、目の前でDJがプレイ。
ラムハイを飲んで盛り上がったら、他に類を見ないクラブルームでエナジーを発散できます。

実際に入ってみると、ボリュームが想像以上で重低音もしっかり効いており、充実な空間でした。

みんなでゲームをプレイ

インベーダーゲームは操作が簡単でみんなで楽しめる。

インベーダーゲームは操作が簡単でみんなで楽しめる。

会場内には、ラムハイをモチーフにした巨大なインベーダーゲームがあります。
4人でスコアを競うことができ、会場内のみんなと盛り上がれます。

スタッフさんと試しに遊んでみましたが、操作が簡単で、意外と夢中になってしまいました。

SNS映えするコンテンツ

バカルディの巨大ロゴ。これを背景に写真を撮ればまるで自分がコウモリかのように。

バカルディの巨大ロゴ。これを背景に写真を撮ればまるで自分がコウモリかのように。

SNS用のフォトゾーンがあり、まるでLAの有名なSNSスポットのように、バカルディの巨大ロゴを背景に羽の写真を撮ることができます。
また、気鋭のアーティスト「CHInPAN」による迫力のある水墨画や、他にもバカルディのロゴやコウモリをモチーフにした装飾が随所に散りばめられており、エナジー溢れる様子とともに写真に収めればSNS映えは間違いありません。

奥にはコウモリの水墨画が。随所にコウモリが散りばめられている。

奥にはコウモリの水墨画が。随所にコウモリが散りばめられている。

スポンサーリンク

イベント詳細

イベント名 : ハイエナジー居酒屋「ラムハイハウス」
~100年古民家でハジけろ!~
主催 : バカルディ ジャパン株式会社
開催期間;4月20日 (金) 〜 27日 (金)
会場: 東京都渋谷区東1-26-32
営業時間:17:00〜21:00
料金:ラムハイ1杯無料 (2杯目以降およびフードは有料)
公式サイト:http://www.bacardijapan.jp/event/rum-hi-house_2018/
公式Instagram:https://www.instagram.com/bacardijapan/
公式Facebook:https://www.facebook.com/BACARDI.OverTheBorder/
イベントハッシュタグ:#はじけるハイボール #ラムハイハウス
ラムハイに合う料理。

ラムハイに合う料理。

独特の雰囲気の中ラムハイを堪能できる。

独特の雰囲気の中ラムハイを堪能できる。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表 / CRAFTGIN.JP共同運営者 / ジンフェスティバル東京 運営事務局] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆・編集にも携わる。

関連記事

  1. 赤ワイン、カラダに良い? 赤ワインは体の良い?ワインを健康面から考える
  2. RTDとRTS、その意味とは 知っておくと役立つかも?RTD・RTSという単語の意味とは
  3. 写真多数掲載!東京インターナショナル・バーショー2018〜レポー…
  4. アルコール度数が高すぎるお酒たち 日本でも購入可!「アルコール度数が高すぎる」お酒8選
  5. コロナビールの“極秘”チルアウトイベント「CORONA CATCH THE SUNSET」が8/29〜31に開催! コロナビールの“極秘”チルアウトイベント「CORONA CATC…
  6. クラフトジン専門店・東京 東京でクラフトジンを味わうならココ!私がオススメする2つの名店を…
  7. コール度数が高い=飲みにくいお酒」は誤解…本当は飲みやすいお酒? 「アルコール度数が高い=飲みにくいお酒」は誤解…本当は飲みやすい…
  8. 日本最大級の洋酒・カクテルの祭典「東京 インターナショナル バーショー 2019」の開催が決定!5/11-5/12の二日間 日本最大級の洋酒・カクテルの祭典「東京 インターナショナル バー…

おすすめ記事

定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外では大人気カクテルだった… 定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外では大人気カクテルだった…

無数に存在するカクテルの中でも近年人気が急上昇している「ネグローニ」。ネグローニといえば、ジンが…

たった1つこだわるだけでジン&トニックが“劇的に美味しく”なる? たった1つこだわるだけでジン&トニックが“劇的に美味しく”なる?

近年、世界的なジンのムーブメントによって、ジン&トニックが今大人気となっています。ジン&トニック…

オーナーはハリウッドの“あの”名優、テキーラ「ドンスエノス」の魅力に迫る オーナーはハリウッドの“あの”名優、テキーラ「ドンスエノス」の魅力に迫る

テキーラの最大消費国・アメリカでは、有名セレブらがプロデュースするブランドが話題になるなど「セレブの…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP