味も違う?シルバー、レポサド、アネホなどテキーラのクラス分けを簡単比較

味も違う?シルバー、レポサド、アネホなどテキーラのクラスを簡単比較

世界の様々なお酒にはそれぞれ専門用語がありますが、最低限理解しておくだけでもかなり世界が広がるもの。

テキーラを飲んだことがある方なら「シルバー」や「レポサド」、はたまた「アネホ」などの用語を一度は目にしたことがあると思います。
これらの用語は実はテキーラの香りや味を左右する、“木樽での熟成期間の違い”をクラス分けしたもので、テキーラを選ぶ上では最低限知っておきたい用語です。
そこで今回は、シルバー(ブランコ、プラタ)、レポサド、アネホ、そしてエクストラアネホ、ゴールドといったテキーラの用語についてそれぞれ比較できるよう簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

シルバー / ブランコ / プラタとは?

ウイスキーのように瓶詰めの前に木製(オーク)の樽で熟成させることもあるテキーラですが、その樽熟成をさせないのが「シルバー(SILVER)」です。
「ブランコ(BRANCO)」、「プラタ(PRATA)」と呼ばれることもあり、その大きな特徴は基本的にテキーラ自体の色が“無色透明”であること。
3つの呼び名があり、少々ややこしい気もしますが、いずれも日本語で「銀」や「白」を意味し、要するに透明であることを指しています。

テキーラのシルバー

【シルバーの定義】
オーク樽での熟成をしない、または熟成しても60日未満のテキーラ

なお、いずれもブランドにもシルバークラスは存在し、その値段は、レポサドとアネホに比較して安くなる傾向があります。

味の特徴

樽熟成をさせないことによって、テキーラの主原料である多肉植物のアガベ由来のかすかな甘みや、フレッシュな味わいを感じやすいとされています。
基本的にはややドライな口当たりとなることから、カクテルのベースとしても好まれています。

レポサドとは?

2ヶ月〜1年未満の樽熟成を経たテキーラを「レポサド(REPOSADO)」と呼びます。
レポサドは「休ませる」を意味する言葉であり、樽で少し休ませることで、木の甘い香りとともに色も移り、薄く茶色がかった、ゴールドのような色合いのテキーラとなるのが特徴です。
テキーラの色を見ただけでレポサドと分かるわけではありませんが、商品名に記載される他、ボトルの表面にも「REPOSADO」の表記があるので、判別は難しくありません。

樽で熟成させているテキーラ

【レポサドの定義】
2ヶ月〜1年、オーク樽で熟成したテキーラ

シルバー同様、ほとんどのブランドでレポサドの商品は展開されており、値段はシルバーより少し高い程度です。

味の特徴

シルバーと後述するアネホの中間の味わい。
樽熟成に由来するバニラのようなほのかな甘い香りと、アガベのフレッシュでスパイシーな風味も少し感じられる傾向があります。

アネホとは?

1年〜3年未満、樽熟成されたテキーラを「アネホ(AÑEJO)」と呼びます。(本場の発音だと「アニェホ」)
アネホは「熟成した」を意味する言葉であり、樽での長期間熟成により、まるでウイスキーのような、琥珀色とも呼ばれる濃いめのゴールドのテキーラとなるのが特徴です。
基本的には他のクラス同様に商品名やボトル表面「AÑEJO」と表記されますが、まれに表記されないこともあります。

アネホのテキーラ

【アネホの定義】
1年〜3年、600L以下の容量のオーク樽で熟成したテキーラ

シルバー、レポサドとは異なり、アネホを造っていないブランドもあります。値段は概ね4-5,000円〜です。

味の特徴

樽熟成由来のバニラのような甘い香りが感じられ、まろやかでリッチな口当たりになる傾向が。ウイスキーやブランデーのような樽熟成の蒸溜酒に少し似た特徴を持ちます。

エクストラアネホとは?

3年以上もの期間、樽で熟成されたテキーラのクラスを「エクストラアネホ(EXTRA AÑEJO)」と呼びます。
気温差が激しいメキシコの地域で生産されるテキーラは、日本のウイスキーなどと比較して、熟成がダイナミックに進むため、3年以上でもかなり長期間熟成されたことになります。(メキシコでは熟成中に液体が揮発していく量も多く、だんだん目減りしていくためあまり長期熟成ができない)
色合いはアネホより少し濃いぐらいで、色だけではアネホかエクストラアネホか区別がつきにくい場合もあります。
また、必ずしも商品名やボトルにクラス名の表記があるわけではありません。

エクストラアネホのテキーラ

【エクストラアネホの定義】
3年以上、600L以下の容量のオーク樽で熟成したテキーラ

高級品や各ブランドの最上級アイテムとして販売されることが多く、日本で流通しているエクストラアネホのテキーラは多くはありません。一部例外はありますが、値段は基本的に1万円以上と思って良いでしょう。

味の特徴

原料のアガベの特徴というより、樽由来の甘い香りが強く、複雑で奥深い味わいになる傾向があります。
ストレートがオンザロックでゆっくり楽しむのが主流です。

スポンサーリンク

ホベン / ゴールドとは?

シルバーに他のクラスのテキーラを混ぜ合わせたもの、またはカラメルなどで色付けされたテキーラを「ホベン(JOVEN)」、もしくは「ゴールド(GOLD)」などと呼びます。
色はほぼ透明なものからややゴールドに色づいたものまで様々です。
一概には言えませんが、「ゴールド」表記のテキーラは「クエルボ エスペシャル ゴールド」に代表されるように、カジュアルな価格帯のテキーラに多い傾向があります。
味わいはレポサドに近いものが多いとは言えますが、様々です。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

関連記事

  1. 「家でもできるテキーラの美味しい飲み方」を世界を制したバーテンダーに聞いてみた 「家でもできるテキーラの美味しい飲み方」を世界を制したバーテンダ…
  2. テキーラで優雅にお祝い!写真で振り返る「イセタンメンズ15周年×…
  3. テキーラ選びのポイント ワンランク上のテキーラの選び方【産地編】
  4. テキーラの産地・メキシコはどんな国? テキーラの産地・メキシコってどんな国?特徴・魅力をざっくりご紹介…
  5. おすすめのシルバーテキーラ おすすめのテキーラ厳選6選【シルバー(ブランコ、プラタ)編】
  6. テキーラとウイスキーなど他のお酒は何が違う?4つのポイントを簡単解説 テキーラとウイスキーなど他のお酒は何が違う?4つのポイントを簡単…
  7. 海外では当たり前の文化?テキーラ×アートを「⻘参道アートフェア」で体験してみよう 海外では当たり前の文化?テキーラ×アートを「⻘参道アートフェア」…
  8. パトロンはなぜ人気のテキーラなのか? プレミアムテキーラ「パトロン」はなぜ日本でも人気があるのか?

おすすめ記事

東京・蔵前にジンの蒸溜所がオープン!エシカル・スピリッツ社が「東京リバーサイド蒸溜所」を開設 東京・蔵前にジンの蒸溜所がオープン!エシカル・スピリッツ社が「東京リバーサイド蒸溜所」を開設

今、世界的に盛り上がっているお酒、ジン。その製造拠点である蒸溜所も続々と新設されていますが、近頃…

秋田の銘酒“山本”の造り手がクラフトジン「ナイトトラベラー」を発売!その全貌に迫る 秋田の銘酒“山本”の造り手がクラフトジン「ナイトトラベラー」を発売!その全貌に迫る

美の国秋田といえば、全国的な人気集める日本酒を多く輩出する酒処。そんな秋田の中でも、特に人気があ…

日本初のジンのブランドハウス「季の美ハウス」訪問レポート 日本初のジンのブランドハウス「季の美ハウス」訪問レポート

国産クラフトジンのパイオニアであり、今や世界でも高い評価を獲得している京都発のジン「季の美」。そ…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP