世界では「100%アガベテキーラ」が人気?日本とは違う世界のテキーラ事情

世界では「100%アガベテキーラ」が人気?日本とは違う世界のテキーラ事情

メキシコが誇る美酒、テキーラ。
アメリカを中心に世界的に人気が急上昇しているテキーラですが、日本と世界とでは人気のテキーラが異なります。
アメリカを中心とした世界では、この記事のタイトルにもあるように、「100%アガベテキーラ」が人気なのですが、日本では異なるカテゴリーのテキーラが人気なのです。
それがどういった意味なのか、詳しく解説していきます。

「テキーラ」と「100%アガベテキーラ」という2つのカテゴリー

多肉植物であるアガベを主な原料に、メキシコの限られた地域のみで生産されるテキーラ。
そんなテキーラは、アガベの使用割合によって、2つのカテゴリーに分けられています。

テキーラの主原料アガベ

テキーラの主原料アガベ

一つは「テキーラ」というカテゴリー。
これは、糖分の51%がアガベ由来であればOK、つまり、原料比の半分以上アガベを使用すればOKというものです。
その他には糖蜜やブドウ糖などの糖分のほか、とうもろこし由来の糖分などが使用されるのが一般的。原料コストが比較的安く済むため、商品の販売価格も安い傾向にあり、カジュアルに楽しめるテキーラです。

そしてもう一つが「100%アガベテキーラ」。
こちらはその名のとおり、糖分の100%がアガベ由来であるもの、つまり、アガベのみで造られたテキーラを指します。
テキーラに使用されるアガベは、5〜10年ほどと長い時間を費やして育てられることから、素材としては高価。そのため、当然のように販売価格も高くなる傾向があります。
このカテゴリーのテキーラは、必ずボトルのどこか(割と目立つ場所)に「100% de agave」、「100% agave」といったように、アガベ100%のテキーラであることが記されています。

極端に言えば、他の素材も使用したカジュアルなテキーラか、アガベのみで造られたプレミアムなテキーラか、といったところです。

実際にはアガベの葉を切り落とした球茎部(ピニャ)が製造に用いられる

実際にはアガベの葉を切り落とした球茎部(ピニャ)が製造に用いられる

100%アガベテキーラの「フォルタレサ」

100%アガベテキーラの「フォルタレサ」、ラベルにはしっかり「100% DE AGAVE」と記載されている

Amazonのテキーラの製法についてはこちらで解説!
テキーラができるまで 〜 独自の製造工程をざっくり紹介

世界では「100%アガベテキーラ」の方が人気だが、日本では「テキーラ」が人気

例えるなら、果汁51%のジュースか100%のジュースか、といったような違いがある「テキーラ」と「100%アガベテキーラ」。
もちろん、それらジュースと同じように、味も値段も変わってくるわけですが、実は、アメリカを中心とした世界各国では、「100%アガベテキーラ」の方が人気。
一方で日本では「テキーラ」が人気、といった大きな違いがあります。

例えば、テキーラの最大のマーケットであるアメリカでは、テキーラの全輸入量のうち、6割弱が「100%アガベテキーラ」カテゴリーとなっています。カナダやイギリス、イタリアなどでも同様です。
また、テキーラの全生産量の内訳を見ても、2019年の年間テキーラ生産量352万Lのうち、「テキーラ」が144万Lだったのに対し、「100%アガベテキーラ」は208万Lとその数を上回りました。
生産量においても、6割前後が「100%アガベテキーラ」だったのです。
しかも年々「100%アガベテキーラ」の生産量は増えており、今後その差はさらに開いていくとされています。

一方で日本はというと、2019年の輸入内訳のうち、なんと9割以上が「テキーラ」。「100%アガベテキーラ」は1割にも満ちません。

世界的にはアガベ100%テキーラが主流だと言える

世界的にはアガベ100%テキーラが主流だと言える

※本項のデータは、全てテキーラ規制委員会/CRTが発表した2019年のデータを元に作成

美酒としてのテキーラ

なぜそこまで日本で「テキーラ」が人気かというと、そもそも日本では、まだまだ「テキーラ=ショットで一気飲みするお酒」という特殊なイメージが根強いために(それは単なる飲み方の一つに過ぎません)、比較的安価なものに需要があるからだと考えられます。
かたや世界では、アメリカを中心にテキーラは美酒として捉えられ、ストレートでゆっくり味わうのはもちろん、ソーダ割りやカクテルにしてみたりと、その楽しみ方も様々。市場のプレミアム化が騒がれるほど、高価なテキーラにも人気が集まっています。

ウイスキーと同様に、ソーダ割りはテキーラの人気の飲み方でもある

ウイスキーと同様に、ソーダ割りはテキーラの人気の飲み方でもある

もちろん「テキーラ」と「100%アガベテキーラ」は、あくまでカテゴリーであって、各商品の優劣がつけられるようなものではありません。
ただ、こうしたカテゴリーがあること、そしてテキーラにも様々な商品があり、飲み方も多様であることを知っておくと、今まで以上にテキーラを楽しめるようになるかもしれません。

今回取り上げた情報についてこちらでも紹介されています!

⇒TEQUILA JOUNAL「2019年のテキーラマーケットの最新情報」
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. テキーラを美味しく味わうにはどんなグラスが良い?美酒として堪能できるグラスを一挙ご紹介 テキーラを美味しく味わうにはどんなグラスが良い?美酒として堪能で…
  2. 写真で振り返る「AGAVE LOVE × TEQUILA FESTA」オープニングパーティー@六本木AGAVE 写真で振り返る「AGAVE LOVE × TEQUILA FES…
  3. 注目のメスカル“ブエンスセソ”のプロデューサーに聞く「メスカルの今 注目のメスカル“ブエンスセソ”のプロデューサーに聞く「メスカルの…
  4. ワインの名門一族が情熱にかられ創り出したテキーラ「ドン・アルバロ、ブエン・アミーゴ」 ワインの名門一族が情熱にかられ創り出したテキーラ「ドン・アルバロ…
  5. トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選 トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル…
  6. 新発売プレミアムテキーラ オルメカのプレミアムテキーラシリーズがついに日本上陸!
  7. 「テキーラの日」イベントにハリウッド俳優のチャーリー・シーンがゲストとして来日! 「テキーラの日」イベントにハリウッド俳優のチャーリー・シーンがゲ…
  8. プレミアムテキーラの専用グラス プレミアムテキーラはショットグラスではなく専用グラスで飲むべき?…

おすすめ記事

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP