オルメカのプレミアムテキーラシリーズがついに日本上陸!

新発売プレミアムテキーラ

テキーラ好きの方以外にもよく知られている人気の銘柄「オルメカ」
これまで日本ではプレミアムテキーラ(原料がアガベ100%)の展開がなかったオルメカですが、ついに日本でも輸入、販売されることが決まりました。
そのシリーズ名は「オルメカ・アルトス
本記事ではこのオルメカ・アルトスについて、基本情報とその魅力をご紹介していきます。

スポンサーリンク

オルメカとは?

オルメカとは、ハリスコ州ロスアルトス地方にあるオルメカ蒸留所で作られるテキーラ銘柄です。
巨大蒸留酒メーカーであるペルノリカール社が所有する銘柄で、クエルボやサウザと並び日本でもとても人気があるテキーラです。

銘柄名となっている「オルメカ」とは、メキシコの古代文明のことで、巨大な石像などで知られています。
それにちなんだこのテキーラでは、その石像がラベルに描かれており、このテキーラのシンボルとなっています。

現在日本に輸入されているオルメカはミクスト・テキーラ(原料がアガベ100%ではない)ですが、一般的なミクスト・テキーラと比べて、スムースな口当たりで飲みやすいことから人気を得ています。

日本でのラインナップは主に3種類あり、いずれもミクスト・テキーラです。
オルメカ・ブランコ、オルメカ・レポサド、そして1年半熟成させたエクストラ・エイジドがあります。

オルメカのプレミアムシリーズ「アルトス」とは?

オルメカの「アルトス」シリーズとは、厳選したブルーアガベだけを使用して作られる100% de Ageve(俗に言うプレミアムテキーラ)で、同銘柄の上級シリーズに当たります。
2009年に誕生したシリーズで、テキーラの専門家で世界トップレベルのバーテンダーでもある、ヘンリー・ベサントとドレ・ マッソと、オルメカの蒸留所長であるヘスス・ヘルナンデスとのコラボレーションによって誕生しました。
そのため「バーテンダーによるバーテンダーのためのテキーラ」とも言われており、公式グローバルサイトでは多くのプレミアムカクテルのレシピが公開されています。

その主要ラインナップは、熟成なしのシルバーテキーラに値するブランコと、6〜8ヶ月間熟成させたレポサドです。
他に18ヶ月熟成のアネホがありますが、こちらの日本での輸入解禁はまだのようです。

いずれのラインナップも、オルメカ特有のスムースな口当たりがありつつ、厳選されたアガベによって甘みがさらに増し、リッチな味わいとなっています。

ちなみに…
アメリカでは代表的なテキーラカクテル「マルガリータ」の人気がとても高く、近年ではプレミアムテキーラをベースに使用した「プレミアム・マルガリータ」なるものが人気を集めています。

アメリカで大人気のアルトス、満を時して日本上陸

2009年にすでに誕生していたオルメカ・アルトスですが、テキーラの最大消費国であるアメリカ(※)での人気が特に高く、発売以降驚異的な成長を見せているとこのとです。
味の良さだけでなく、プレミアムテキーラでありながら比較的安い値段であることも人気の一因となっているようです。

そんな人気のオルメカ・アルトスが、ペルノリカール・ジャパンの元ついに日本でも正規輸入がスタートし、2017年2月6日にリリースされました。
前述のように、今回の輸入解禁となったのは「ブランコ」と「レポサド」の2種類ですが、売れ行き次第では「アネホ」も加わるかもしれません。
ちなみに、ブランコ、レポサドともすでにAmazonなどで購入できます。

日本でも人気の銘柄でありながら、これまではプレミアムテキーラの正規販売がなかったオルメカですが、これでようやくプレミアムなオルメカを楽しめるようになります。

Economistより

スポンサーリンク

まとめ

プレミアムテキーラの日本での人気は、今後さらに拡大していくことは間違いありません。
これまでパトロンやクエルボ1800などのプレミアムテキーラを飲んできた方や、これからテキーラを覚えたいと思っている方は、まずはぜひ試しに飲んでみることをおすすめします。

気になった方は、ぜひAmazonや公式サイトなどチェックしてみてください。
オルメカ・アルトスは、日本にもファンが多いオルメカのプレミアムシリーズということもあり人気必須のシリーズです。

テキーラファンの筆者としては、今後の売れ行きに目が離せません。
それでは以上、「オルメカのプレミアムテキーラシリーズがついに日本上陸!」でした。

参考サイト:アルトス・グローバルブランドサイト
参考文献:WANDS 2017年2月号 ウォンズ・パブリシング・リミテッド発行

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表 / CRAFTGIN.JP共同運営者 / ジンフェスティバル東京 運営事務局] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆・編集にも携わる。

関連記事

  1. ポルフィディオはテキーラではない? サボテンボトルの「ポルフィディオ」実はテキーラじゃないって知って…
  2. 「AGAVE LOVE × TEQUILA FESTA in TOKYO」レポート&写真ギャラリー 「AGAVE LOVE × TEQUILA FESTA 2018…
  3. テキーラ業界の常識を変えた伝説の男が生み出した「ドン・フリオ」〜誕生ストーリー テキーラ界の常識を変えた“伝説の男”が生み出した「ドン・フリオ」…
  4. テキーラのタブロイド紙「テキーラジャーナル」 テキーラのタブロイド紙「テキーラジャーナル」でHOTな情報を手に…
  5. テキーラ選びのポイント ワンランク上のテキーラの選び方【産地編】
  6. おすすめのレポサドテキーラ おすすめのテキーラ厳選6選【レポサド編】
  7. ジン・ウォッカ・ラム・テキーラの違い ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ…それぞれの違いとは?【簡単解説】…
  8. 「パトロン」カクテルコンペ優勝者、中村充宏氏に聞く② 〜 バーテンダーとしてのストーリー、コンペで勝ち続ける理由 「パトロン」カクテルコンペティション優勝者、中村充宏氏に聞く② …

おすすめ記事

たった1つこだわるだけでジン&トニックが“劇的に美味しく”なる? たった1つこだわるだけでジン&トニックが“劇的に美味しく”なる?

近年、世界的なジンのムーブメントによって、ジン&トニックが今大人気となっています。ジン&トニック…

オーナーはハリウッドの“あの”名優、テキーラ「ドンスエノス」の魅力に迫る オーナーはハリウッドの“あの”名優、テキーラ「ドンスエノス」の魅力に迫る

テキーラの最大消費国・アメリカでは、有名セレブらがプロデュースするブランドが話題になるなど「セレブの…

5千〜1万円のちょっぴり高級なテキーラを5銘柄厳選してみた 5千〜1万円のちょっぴり高級なテキーラを5銘柄厳選してみた

アメリカなどを中心に、実はテキーラは「セレブの酒」とも言われており、ラグジュアリーなテキーラ銘柄も多…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP