カクテルを和に味変!「ジャパニーズビターズ」が新フレーバー“桜”のクラウドファンディングを開催中!

カクテルを和に味変!「ジャパニーズビターズ」が新フレーバー“桜”のクラウドファンディングを開催中!

カクテルにたった数滴垂らすだけで、和のフレーバーに洗練させることができたら、面白いと思いませんか?

カクテルの調味料として長く親しまれてきた苦味のリキュール「ビターズ」。
実は今世界的に、様々なビターズが誕生しており、バーはさることながら自宅カクテルの“味変”アイテムとしても注目度が増しています。

そんなビターズの世界に新風をもたらしたのが「ジャパニーズビターズ」。
日本の素材による和のフレーバーのビターズとして、日本だけでなく世界へと人気を拡大させています。
この度、そのジャパニーズビターズから新フレーバー“桜”の発売が決定し、2/1-2/28までクラウドファンディングを実施中です。

ジャパニーズビターズとは?

元バーテンダーでもあるJCC AGENT代表の山崎勇貴さんが「ジャパニーズビターズ」を誕生させたのは2018年のこと。

山崎勇貴さん

山崎勇貴さん

山崎さんはイギリスの地でバーテンダーを始め、2010年にはカナダ・トロントに拠点を移し、世界のバーシーンを見てきました。なかでもカナダは自家製ビターズ造りが盛んであり、好奇心に駆られた山崎さんは様々なビターズを自ら作成したと言います。
2011年にトロントで行われた東日本大震災チャリティイベントで日本のカクテルを振る舞った際には、日本の素材に改めて大きな関心がわき、「なぜこんなに素晴らしい素材に溢れているのに日本にはビターズがないのか?」と思いに駆られたのだそう。
そして日本に帰国し開発を決断。オランダの蒸溜所にて酒造りのノウハウを学び、日本の大手酒造メーカーの協力も得ながら、地元・千葉に製造所を開設。
構想から7年後の2018年に“紫蘇”、“柚子”、“檜”、そして鰹節や昆布などを使った“旨味”の計4種のビターズを発売させ、大きな話題となりました。

ジャパニーズビターズの紫蘇、柚子、旨味、檜

現在販売されているのは紫蘇、柚子、旨味、檜の4フレーバー

「日本ではまだ認知度が低いビターズですが、マーケットが大きい海外で、ジャパニーズビターズを通じて日本独自のフレーバーを広めていきたいです」という山崎さんの言葉どおり、今や世界16か国で販売されているそうです。

ジャパニーズビターズは、それぞれの和素材によるリアルなフレーバーが特徴。
カクテルの味を和に洗練させる調味料としてはもちろんのこと、まるで食事おける醤油のように数滴お酒に垂らすだけで、誰でも簡単に変化をもたらすことができ、ハイボールなどの味変アイテムとしてカジュアルにも使えるのが魅力です。(スイーツや料理にも使えるのだとか!)

“桜”フレーバーの発売に伴い、クラウドファンディングを実施中!

桜といえば、日本人のアイデンティティーの一つともいえるほど特別な感情をもたらしてくれる素材。
それは山崎にとっても同じことで、「ジャパニーズジンにも桜を用いるものがあったり、桜がもつ華やかな香りは様々なカクテルにマッチすると思いました」と製造を始めたと言います。(海外も含め要望も多かったのだとか)

桜のフレーバーを出すべく使用したのは、長野県の八重桜の花びらと伊豆の八重桜の葉。花びらだけでなく葉も使い、他のフレーバー同様に“低温真空抽出法”という独自製法を用いることで、素材の鮮度を保ちながらリアルな桜のフレーバーを抽出しているのだそうです。

ジャパニーズビターズ“桜”

ジャパニーズビターズ“桜”のボトル

そんな桜ビターズは、ビールやハイボール、ジン&トニックなどのカクテルの他、アイスの味変アイテムとしてもピッタリだそうで、幅広いシチュエーションで使えそうです。

クラウドファンディングは2/1〜2/28まで。
詳しくは下記のMakuake特設ページをご覧ください。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 2021版・世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTop13 - 1位はやはり“あの”カクテル! 2021版・世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTop1…
  2. クラフトカクテルの祭典「東京カクテル 7 デイズ 2020」の開催が決定!10/1-31まで新たな形で開催 クラフトカクテルの祭典「東京カクテル 7 デイズ 2020」…
  3. ジントニックブーム 今年はジントニックが流行る!?NEWスタイル・ジントニックの魅力…
  4. リキュールの名門「ボルス」監修の缶カクテルが登場!ファミリーマートで2/11から販売スタート リキュールの名門「ボルス」監修の缶カクテルが登場!ファミリーマー…
  5. 日本随一のジン専門バー「JUNIPER」の創業者に聞く、これまでとこれから 日本随一のジン専門バー「JUNIPER」創業者に聞く、店の誕生ス…
  6. テキーラをカジュアルに楽しもう!美味しいカクテル「バタンガ」をご存じ? テキーラをカジュアルに楽しめる!美味しいカクテル「バタンガ」をご…
  7. ALTOS BANDERA Competition 人気のテキーラ「オルメカ・アルトス」のカクテルコンペが開催!優勝…
  8. 東京インターナショナル・バーショー2018 洋酒好きなら誰でも楽しめる!「東京インターナショナル・バーショー…

おすすめ記事

和と洋の良さをあわせ持つ新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特徴に迫る 和と洋の良さが合わさる新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特徴に迫る

日本には伝統的なお酒がいくつかありますが、それらは実は少しずつ進化しています。改めて味わってみる…

2021版・世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTop13 - 1位はやはり“あの”カクテル! 2021版・世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTop13 – 1位はやはり“あの”カクテル!

マティーニやネグローニなど、数えきれないほどジンのカクテルがある中で、世界のバーではどのカクテルが人…

仏産ブドウのジン「ジーヴァイン フロレゾン」の魅力と、プロが教える美味しい飲み方 仏産ブドウのジン「ジーヴァイン フロレゾン」の魅力と、プロが教える美味しい飲み方

世界中に数えきれないほどのジンが存在する中で、人気を集めるジンにはやはり明確な理由があるもの。…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP