なぜウイスキーハイボールはソーダで割ってるだけなのに美味しい?

なぜウイスキーハイボールはソーダで割ってるだけなのに美味しい?

今やビールと並ぶ定番のお酒となりつつあるウイスキーのハイボール。
爽やかな口当たりでありながら、ウイスキーの風味も感じられる味わいは幅広い層から支持を集めています。

ウイスキーのハイボールは、ご存じの方も多いかもしれませんが、ウイスキーをソーダで割っただけのシンプルなカクテル。
でもそんなシンプルな飲み方にも関わらず、なぜ美味しいのでしょうか?

当記事では、ウイスキーハイボールの味の秘密についてご紹介していきます。

当サイトの新サービスがスタート!
↓をタップしてサービスをチェック

ウイスキーハイボールが単なるソーダ割りなのに美味しい理由

ウイスキーのハイボールが単なるソーダ割りなのに、多くの人に美味しいと支持される理由…
それは、端的に言えば「ウイスキー自体の味がかなりしっかりしているから」です。

ウイスキーは、木製の樽で複数年に及ぶ長期間熟成された40〜50度前後のお酒。
この樽熟成によって、樽由来のバニラ香に代表されるような複雑でしっかりしたフレーバーがウイスキーに与えられます。
その度数の高さも相まって、数あるお酒の中でもかなりしっかりした味わいのお酒となるのです。

ウイスキーの樽熟成の様子

ウイスキーを樽で熟成している様子。

本来ウイスキーはそのまま飲んで美味しいですが、とは言ってもかなりの度数のお酒。
ソーダで割ることで飲みやすくなるのと同時に、ストレートやオンザロックにはない爽やかさが与えられるのです。
元々味わいがしっかりお酒だけに、ソーダで薄めても、ウイスキー自体の個性が失われることはありません。

ウイスキーの数だけ、異なる味わいのハイボールが存在する

ウイスキーをソーダで割っただけのウイスキーハイボールですが、ウイスキーの数だけ異なる味わいのハイボールが存在します。
というのも、一口にウイスキーと言っても様々なタイプ、味わいのものがあり、使用するウイスキーを変えれば当然ハイボールの味わいも変わってくるからです。

飲みやすさがウリのブレンデッドウイスキーから、パワフルな樽香を有するアメリカのバーボンや、バランスに優れたスコットランドのシングルモルト、それに独特のスモーキーフレーバーが魅力のアイラ島のシングルモルトや、繊細な味わいの日本のシングルモルトなどなど…
各ウイスキーには、明確な個性があり、それらの違いによってハイボールの味わいにも違いが生まれるのです。

つまりは、「〇〇のハイボール」といったように、銘柄を指定してみるとさらに面白みが増す、ということです。

ウイスキーがずらりと並んだ棚

ベースに使用する銘柄によって味も変わる。

実は他のお酒のハイボールも美味しい

さて、ここまではウイスキーのハイボールについて綴ってきましたが、実はハイボールはウイスキーのソーダ割りだけを指すものではありません。

そもそもハイボールとは、ソーダで割ったお酒全般。
単純に「ハイボール」と言った場合、ウイスキーのそれを指すことがほとんどですが、他のお酒のソーダ割りも大枠としてはハイボールになるのです。

そこでオススメしたいのが、ウイスキー同様に高アルコール度数のお酒のハイボール。
例えばテキーラやラム、ジンなどを使ったハイボールなどです。

これらのお酒も度数が高く味がしっかりしているため、ソーダで薄めてもそれぞれの個性が活き、爽やかで飲みやすくなります。
特にテキーラやラムは、ウイスキーと同じく樽熟成させたものも多いので試す価値ありです。
もちろん、樽熟成させていないものでも、また違った味わいを楽しめるのでオススメです。

スポンサーリンク

色々なハイボールを試してみて

シンプルな飲み方だからこそ、奥が深いとも言えるハイボール。
ウイスキー特有の樽熟成によるフレーバーやしっかりした味わいが、シンプルなソーダ割りにも味わいの幅を与えるのですが、銘柄にもこだわってみるなど、色々なハイボールを試してみることでさらに楽しく、そして美味しいものになるでしょう。

ぜひ色々なハイボールを試してみてください。

当サイトの新サービスがスタート!
↓をタップしてサービスをチェック
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

関連記事

  1. 自宅で楽しむ「フィーバーツリー」カクテル / On 2 Off Bar 座談会 No.1 (YouTube) 自宅で楽しむ「フィーバーツリー」カクテル / On 2 Off …
  2. 関西最大級のビール&スピリッツイベント「リカマンウイビアメッセ in KYOTO 2019」が8/25に開催! 関西最大級のビール&スピリッツイベント「リカマンウイビアメッセ …
  3. Whisky Festival 2018 in大阪が6/3(日)に開催!国内最大級のウイスキーの祭典! Whisky Festival 2018 in大阪が6/3(日)…
  4. ウイスキー各種を比較 シングルモルト、バーボン、ライなど…ウイスキー9種の違いを比較解…
  5. 気軽に超本格的なカクテルを体験!“東京カクテル7デイズ”をレポート 気軽に超本格的なカクテルを体験!“東京カクテル7デイズ”をレポー…
  6. バー初心者必見!知っておくと安心するバー専門用語をざっくりまとめてみた バー初心者必見!知っておくと安心するバー専門用語をざっくりまとめ…
  7. ジャパニーズウイスキーの定義とは?他国との違いを検証
  8. テキーラカクテル バーで飲みたい「テキーラ」を使った代表的なカクテル8選!

おすすめ記事

クラフトジンの王道・シップスミスのコミュニティ「Swan Lab」が始動!独自のカクテルブックを制作 クラフトジンの王道・シップスミスのコミュニティ「Swan Lab」が始動!独自のカクテルブックを制作

クラフトジンの魅力といえば、個性あふれる味わいはもちろんのこと、クラフトならではのカルチャーに触れな…

割材こそが重要?ナチュラル志向の飲料ブランド「フィーバーツリー」を徹底解説 割材こそが重要?ナチュラル志向の飲料ブランド「フィーバーツリー」を徹底解説

ハイボールやジン&トニックなど、カジュアルにお酒を味わう上で欠かせないのが割材。バーの世界では“…

造り手に聞く - レストラン蒸溜所で造られる日本初のジン「NUMBER EIGHT GIN」開発秘話 造り手に聞く – レストラン蒸溜所で造られる日本初のジン「NUMBER EIGHT GIN」開発秘話

近年、国産クラフトジンが大きな盛り上がりを見せる中、レストラン内で造られる日本初のジンとして、その独…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP