なぜウイスキーハイボールはソーダで割ってるだけなのに美味しい?

なぜウイスキーハイボールはソーダで割ってるだけなのに美味しい?

今やビールと並ぶ定番のお酒となりつつあるウイスキーのハイボール。
爽やかな口当たりでありながら、ウイスキーの風味も感じられる味わいは幅広い層から支持を集めています。

ウイスキーのハイボールは、ご存じの方も多いかもしれませんが、ウイスキーをソーダで割っただけのシンプルなカクテル。
でもそんなシンプルな飲み方にも関わらず、なぜ美味しいのでしょうか?

当記事では、ウイスキーハイボールの味の秘密についてご紹介していきます。

ウイスキーハイボールが単なるソーダ割りなのに美味しい理由

ウイスキーのハイボールが単なるソーダ割りなのに、多くの人に美味しいと支持される理由…
それは、端的に言えば「ウイスキー自体の味がかなりしっかりしているから」です。

ウイスキーは、木製の樽で複数年に及ぶ長期間熟成された40〜50度前後のお酒。
この樽熟成によって、樽由来のバニラ香に代表されるような複雑でしっかりしたフレーバーがウイスキーに与えられます。
その度数の高さも相まって、数あるお酒の中でもかなりしっかりした味わいのお酒となるのです。

ウイスキーの樽熟成の様子

ウイスキーを樽で熟成している様子。

本来ウイスキーはそのまま飲んで美味しいですが、とは言ってもかなりの度数のお酒。
ソーダで割ることで飲みやすくなるのと同時に、ストレートやオンザロックにはない爽やかさが与えられるのです。
元々味わいがしっかりお酒だけに、ソーダで薄めても、ウイスキー自体の個性が失われることはありません。

ウイスキーの数だけ、異なる味わいのハイボールが存在する

ウイスキーをソーダで割っただけのウイスキーハイボールですが、ウイスキーの数だけ異なる味わいのハイボールが存在します。
というのも、一口にウイスキーと言っても様々なタイプ、味わいのものがあり、使用するウイスキーを変えれば当然ハイボールの味わいも変わってくるからです。

飲みやすさがウリのブレンデッドウイスキーから、パワフルな樽香を有するアメリカのバーボンや、バランスに優れたスコットランドのシングルモルト、それに独特のスモーキーフレーバーが魅力のアイラ島のシングルモルトや、繊細な味わいの日本のシングルモルトなどなど…
各ウイスキーには、明確な個性があり、それらの違いによってハイボールの味わいにも違いが生まれるのです。

つまりは、「〇〇のハイボール」といったように、銘柄を指定してみるとさらに面白みが増す、ということです。

ウイスキーがずらりと並んだ棚

ベースに使用する銘柄によって味も変わる。

実は他のお酒のハイボールも美味しい

さて、ここまではウイスキーのハイボールについて綴ってきましたが、実はハイボールはウイスキーのソーダ割りだけを指すものではありません。

そもそもハイボールとは、ソーダで割ったお酒全般。
単純に「ハイボール」と言った場合、ウイスキーのそれを指すことがほとんどですが、他のお酒のソーダ割りも大枠としてはハイボールになるのです。

そこでオススメしたいのが、ウイスキー同様に高アルコール度数のお酒のハイボール。
例えばテキーラやラム、ジンなどを使ったハイボールなどです。

これらのお酒も度数が高く味がしっかりしているため、ソーダで薄めてもそれぞれの個性が活き、爽やかで飲みやすくなります。
特にテキーラやラムは、ウイスキーと同じく樽熟成させたものも多いので試す価値ありです。
もちろん、樽熟成させていないものでも、また違った味わいを楽しめるのでオススメです。

色々なハイボールを試してみて

シンプルな飲み方だからこそ、奥が深いとも言えるハイボール。
ウイスキー特有の樽熟成によるフレーバーやしっかりした味わいが、シンプルなソーダ割りにも味わいの幅を与えるのですが、銘柄にもこだわってみるなど、色々なハイボールを試してみることでさらに楽しく、そして美味しいものになるでしょう。

ぜひ色々なハイボールを試してみてください。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. テキーラとキリン・メッツで作るカクテルが美味いというので試してみた テキーラとキリン・メッツで作るカクテルが美味いというので試してみ…
  2. 個性豊かなマルガリータの魅力を発信 〜 「マルガリータの日」Celebration Party 2020・レポート 個性豊かなマルガリータの魅力を発信 〜 「マルガリータの日」Ce…
  3. ジントニックとモスコミュールのレシピ ジントニックとモスコミュールの作り方や材料は?
  4. Whisky Festival 2018 in大阪が6/3(日)に開催!国内最大級のウイスキーの祭典! Whisky Festival 2018 in大阪が6/3(日)…
  5. 今、世界的にウイスキーカクテルが流行中!人気ランキングTOPはあのウイスキーカクテル? 今、世界的にウイスキーカクテルが流行中!人気ランキングTOPはあ…
  6. 年数表記のないウイスキー 12年などの年数表記がないウイスキーが増えているワケ
  7. 沖縄初のウイスキー&スピリッツフェス「OKINAWA WHISKY&SPIRITS FESTIVAL 2019」が12/8に開催! 沖縄初のウイスキー&スピリッツフェス「OKINAWA WHISK…
  8. 実は家でも作れる!“ジンの本格的&超人気カクテル”6選 〜 作り方とレシピをご紹介 実は家でも作れる!“ジンの本格的&超人気カクテル”6選 〜 作り…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP