バーテンダーはなぜカクテルを作る際にシェイクするのか?

Why shake?

「バーテンダー」と聞くと、シャカシャカと銀の容器を振ってカクテルを作っている姿を想像する方は多いでしょう。

あの銀の容器はシェイカーといい、それをシャカシャカと振ってカクテルを作ることを、シェイクというのですが、そもそもなぜシェイクするのでしょうか?

バーによく行く方ならご存知かもしれませんが、そうでない方や、お酒初心者の方は中々知る機会がないと思います。

そこで本記事では、バーテンダーがカクテルを作る際にシェイクをする理由について、わかりやすく説明していきます。

シャカシャカとシェイクする理由は主に3つ

まずシェイクは、シェイカーの中に材料と氷を入れて、その材料が入ったシェイカーを勢いよく振って行われています。
このシェイクを、バーテンダーがカクテルを作る際に行う理由は主に3つあります。

  1. 混ざりにくい材料を混ぜ合わせる
  2. カクテルを冷やす
  3. お酒のカドをとって飲みやすくする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

混ざりにくい材料を混ぜ合わせる

棚に飾られたたくさんのお酒

カクテルは、様々なお酒や飲み物を混ぜ合わせて作られています。
カクテルにはほぼ無限とも言えるレシピがあり、混ざりにくい組み合わせのレシピも多くあります。
普通ならかき混ぜるだけでOKでも、混ざりにくいもの同士の場合そうはいきません。

シェイクは、混ざりにくいレシピのカクテルを、しっかりと混ぜ合わせるために行なっているのですね。
シェイカーで、勢いよく振ることによって、材料同士がしっかり馴染みます。

カクテルを冷やす

人間は冷たいもの、温かいものをおいしく感じるようにできています。
ビールが冷えていた方がおいしく感じるのと同様に、カクテルも冷えていた方がおいしく感じますよね?

そもそもお酒はアルコールなので、ものによってはキツく感じます。
しかし、これらのお酒も冷やすことで飲みやすくなります。

シェイクは、材料と氷をシェイカーの中に入れて行いますから、キンキンに冷えたカクテルが出来上がります。
シェイクを行うことで、カクテルを飲みやすくしているのですね。
(なのでシェイクするカクテルの完成品には氷が入ってないことも多い)

お酒のカドをとって飲みやすくする

アルコールの強いお酒は、レシピの組み合わせによっては、よりカドやエグ味を感じることがあります。
しかし、シェイクして、しっかり混ぜ合わせることによって、お酒のカドがとれ、味がまろやかになります。

例えばジンにライムジュースを入れればジンライムになりますが、
これをシェイクするとギムレットというカクテルになります。

どちらが飲みやすいかで言ったら、個人差はあるでしょうが、明らかにギムレットの方が飲みやすいです。
(バーに行った際にでも試してみてください)

シェイクするか否かカクテルによって決まっている

シェイクして作られたカクテル

カクテルは主に3つの手法を用いて作られます。
一つはビルド、2つめはステア、そして3つめはシェイクです。

これらの違いをざっくり説明すると、
ビルドは、グラスに注いでマドラー(バースプーン)でかき混ぜるだけ
ステアは、専門の容器で氷とともにバースプーンでかき混ぜ、氷を除いた中身だけグラスに注ぐ
というようになります。

実はカクテルによって、どの手法を用いて作るのかはあらかじめ決まっています。
この辺りは料理と一緒ですね。(おでんなら煮る、オムライスなら炒める、みたいな)

ちなみに一般的によく知られている、スプモーニ、ソルティードッグ、モヒートなどのカクテルは、より簡単なビルドによって作られています。
(カクテルの王様マティーニはステアですね)

シェイクを必要とする代表的なカクテル

どんなカクテルだったらシェイクするのか?についても簡単に触れておきましょう。

  • ギムレット:ジン+ライムジュース
  • ダイキリ:ラム+レモンジュース
  • コスモポリタン:ウォッカやクランベリージュースなどを使用
  • マルガリータ:テキーラベースの王道カクテル
  • グラスホッパー:チョコミント風カクテル
  • セックスオンザビーチ:人気トロピカルカクテル

もちろんもっとたくさんありますが、挙げればキリがないので、本記事ではこれくらいにしておきます。
この中ではグラスホッパーが、チョコミント風味で甘く、度数も低めでデザート感覚で飲めるカクテルなのでお酒初心者の方や女性にはおすすめです。

まとめ

ここまで、バーテンダーがシェイクをする理由とそもそものカクテルについてを書きましたが、お分かりいただけたでしょうか?

実際にバーに行って、シェイクしたカクテルを飲めればいいですが、中々機会がなかったりしますよね。
そんな時は、自宅で自分で作ってみることをおすすめします。
シェイカーはAmazonや楽天で2,000円もしないで購入できますよ。

飲みに行くのもいいですが、自分で作ると何より楽しいです。

それではこの辺で。
以上、「バーテンダーはなぜカクテルを作る際にシェイクするのか?」でした。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 個性豊かなマルガリータの魅力を発信 〜 「マルガリータの日」Celebration Party 2020・レポート 個性豊かなマルガリータの魅力を発信 〜 「マルガリータの日」Ce…
  2. 日本で買える“トニックウォーター”全14銘柄まとめ 〜 特徴と味をチャートで紹介 日本で買える“トニックウォーター”全14銘柄まとめ 〜 特徴と味…
  3. カクテルを和に味変!「ジャパニーズビターズ」が新フレーバー“桜”のクラウドファンディングを開催中! カクテルを和に味変!「ジャパニーズビターズ」が新フレーバー“桜”…
  4. 「東京 インターナショナル バーショー 2019」レポート 〜 今年もジン熱がすごかった 「東京 インターナショナル バーショー 2019」レポート 〜 …
  5. マティーニとは? カクテルの王様「マティーニ」とは?材料や作り方、特徴を解説
  6. 世界一のバーテンダーがゼロから教える「おうちカクテル」のオンライン講座がスタート! 世界一のバーテンダーがゼロから教える「おうちカクテル」のオンライ…
  7. テキーラをカジュアルに楽しもう!美味しいカクテル「バタンガ」をご存じ? テキーラをカジュアルに楽しめる!美味しいカクテル「バタンガ」をご…
  8. トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選 トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP