ロマネコンティはなぜあんなに値段が高いのか?【2017年版】

ロマネコンティ、高額な理由

世界一高額なワインとも言われるロマネ・コンティ。
ワインをあまり知らない方でも、その名を聞いたことがある方は多いでしょう。

実際にそのお値段を知った方の多くは「なぜこんなに高いの?」と気になったのではないでしょうか?

そこで本記事では、ロマネ・コンティが超高額な理由は何か?について、ワイン初心者の方でも分かりやすいように解説していきます。
ロマネ・コンティの価格の理由について記された記事は多いですが、本記事では2017年の最新データを元に解説していきます。

スポンサーリンク

ロマネ・コンティの現在の値段は?【2017年1月時点】

ロマネ・コンティのボトル
By Arnaud 25Own work, CC BY-SA 4.0, Link

さて、高額な理由の前にまず気になるのが、そもそも「ロマネ・コンティは今いくらなのか」ですよね?
そこで、世界最大規模のデータベースを誇るワイン検索サイト「wine-searcher」にて、ロマネ・コンティの現在の平均価格を調べてみました。

2017年1月16日時点でのロマネ・コンティの平均価格は…

1,618,379円
なんと約160万円です。

ケースでのお値段ではありません。
750ml、1本でのお値段です。

さらにそのお値段は変動が激しく、基本的には上昇傾向にあります。
実際、過去のデータを調べてみると、2002年時点ではロマネ・コンティのお値段はだいたい40万円程度となっています。(世界の名酒事典2002年版より)
15年間でお値段が約4倍も上がっていることになります。

Amazonでも100万円以上

約160万円とはいうものの、世界のどこかの国だけやたらと高くて、日本ではもっと安く買えるのでは?と思った方もいるかもしれません。
なので念のためAmazonでも価格を調べてみましたが、出品されていた18本のロマネ・コンティ全てが100万円を超えていました。
しかもその内訳は、18本中、100万円以上が5本、200万円以上が13本と、200万円を超えるものが多いという結果でした。

※2017年1月17日に「ロマネコンティ」というワードで検索。

ロマネ・コンティは世界一高額なワイン銘柄

よく「世界一高額なワインはロマネ・コンティ」と言われますが、それは単なる噂ではなく事実です。
前述した世界的なワインサイト「wine-searcher」によれば、ワイン銘柄の価格ランキングでロマネ・コンティが1位となっています。(2017年1月11日時点)

その時々でランキングは変わるので一概には言えませんが、少なくとも現時点では世界で最も高額なワインはロマネ・コンティということになります。(ほとんどの時期でロマネ・コンティが1位で2位と逆転することは稀)

ロマネ・コンティが高額な理由

前置きが少々長くなりましたが、ここからいよいよ本題。
現在の平均価格は約160万円と書きましたが「そもそもなぜそんなに高いの?」について解説していきます。

考えられる理由は主に3つあり、それぞれ詳しく見ていきます。

理由① 超少量生産による希少性

ロマネ・コンティの畑
By OhndoOwn work, CC BY-SA 4.0, Link

まずロマネ・コンティとは、フランス・ブルゴーニュ地方の「ヴォーヌ・ロマネ」という村にある「ロマネ・コンティ」という名のブドウ畑から作り出されるワインを言います。
畑の名前が銘柄名になっているのですね。

それでこの畑がどれくらいの大きさかというと、その大きさはたったの1.81ヘクタール
この1.81ヘクタールというのは異常な小ささで、東京ドームの半分にも満たない小ささです。(東京ドームは約4.7ヘクタール)
他のワインを見てみると、例えば日本でも有名な高級ワイン「シャトー・マルゴー」でも82ヘクタールの畑を有しています。(条件が違うため一概に比較はできませんが)

たった2ヘクタール弱の畑から、おそらく世界で最も知られているワインが作り出されているわけです。

さらに、その畑から作られるロマネ・コンティの生産数は年間約6,000本と言われています。
シャトー・マルゴーですら年間約35万本生産していると言われています。
おそらく世界で最も知られているワインが、年間たったの6,000本しか作られていないのです。

理由② 圧倒的な人気とブランド力

「ワインの銘柄はよく知らないけどロマネ・コンティだったら知ってる」という方は多いでしょう。
ロマネ・コンティには圧倒的な知名度があり、それに比例して人気も圧倒的なものがあります。

知名度、人気、そして少量生産による希少性…
これらによってロマネ・コンティには圧倒的なブランド力が備えられています。

よく「ロマネ・コンティはロマネ・コンティであることに価値がある」と言われます。
ロマネ・コンティがダメだったら他のワインにしよう、ではダメなのですね。
つまり、代えがきかないワインというわけです。

そのようなワインを、世界中の王族やセレブなど億万長者が欲しているのです。

理由③ DRCにしか作れない

ロマネ・コンティの名が刻まれた印
By Tomas erOwn work, CC BY-SA 3.0, Link

前述のようにロマネ・コンティは「ロマネ・コンティ」という名のブドウ畑から作り出されています。

実はフランスのブルゴーニュ地方では、名前のついた一つのブドウ畑を区画ごとに分けてそれぞれの別の生産者が所有する、という方法が一般的です。
例えば「リシュブール」という名の畑は、複数の生産者が所有しています。
畑の名前が銘柄名になるので「リシュブール」の名がついたワインは生産者の数だけあり、それぞれラベルや値段が異なるのです。

ワインの銘柄名についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
シャブリやキャンティなど…なぜワインは同じ銘柄名のものが多数あるのか?

しかし、ロマネ・コンティの場合、その畑をある生産者が独占所有しています。
その生産者の名はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ、通称DRCです。

ワイン業界ではもはや伝説的な生産者で、ロマネ・コンティ以外にも7つの銘柄を生産しているのですが、どれも高価で基本的に10万円以上で販売されています。

そのDRCが独占的に生産するのがロマネ・コンティなのです。
DRCが独占しているので競合は存在せず、価格は自由に決められるということになります。

3つの理由をまとめると…

「年間約6000本という希少性」
「圧倒的なブランド力で世界中のセレブが欲している」
「DRCの独占市場で代えがいない」

これら3つのまとめると、ロマネ・コンティが高額な理由は、需給バランスの崩れにあります。
需要と供給のバランスがおかしなことになっているのですね。

基本的にモノの価格は、需要と供給のバランスに左右されます。
ロマネ・コンティの場合、需要に対して供給が足りていません。

さらにその需要の対象、つまり欲しているのは世界中の億万長者
世界中の億万長者が「私も欲しい」と少ないモノを争っているわけです。
値段が高くなるのは、ある意味当たり前だとお分かりいただけると思います。

スポンサーリンク

あとがき

ロマネ・コンティがなぜ高いのか、主な3つの要因をあげ、それぞれ解説してきました。
理由はシンプルで、圧倒的なブランド力と希少性による需給バランスの崩れでしたね。
それを世界中の億万長者が欲しがっているから高額になるわけです。

最後におすすめ情報…
カリフォルニアのロマネ・コンティ」と賞されるカリフォルニア・ワイン「カレラ」はおすすめです。
ワイン業界の最重要人物であるロバート・パーカー氏がそう賞し、実際にロマネ・コンティと深い関わりがあるワインでもあります。
安いものなら4,000円前後で購入できるので、気になる方は一度試してみると良いかもしれません。

それではこの辺で。
以上、「ロマネコンティはなぜあんなに値段が高いのか?【2017年版】」でした。

【参考文献】
世界のワイン事典 2012年版・講談社
世界の名酒事典 2017年版・講談社

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. パーカーポイントとは? ワインでよくみる「パーカーポイント」とは何?その意味と役割を解説…
  2. カベルネ・ソーヴィニヨン?シャルドネ? シャルドネ?カベルネ?ワインの主なブドウ品種をざっくり説明!
  3. ワインの銘柄名 シャブリやキャンティなど…なぜワインは同じ銘柄名のものが多数ある…
  4. チリワイン・特徴と魅力 チリワイン〜飲む前に知っておきたい特徴と魅力
  5. チリワインといえばコンチャ・イ・トロ あの有名ワインも!チリ最大のワイナリー、コンチャ・イ・トロのワイ…
  6. シャンパン・泡が生まれるワケ 瓶内二次発酵 〜 シャンパンに泡が生まれるワケを簡単解説
  7. 家庭用にワインセラーは必要? 家庭用にワインセラーは必要?ワインの適切な保管方法とは
  8. 欧州ワインが安くなる? 関税撤廃でフランスやイタリアなど欧州ワインが安くなる?

おすすめ記事

カクテルで時を超える…ミッドタウン日比谷にポップアップバー「TASTE OF TIME 」が登場! カクテルで時を超える…ミッドタウン日比谷にポップアップバー「TASTE OF TIME 」が登場!

クラフトビールやクラフトジンなど、何かと“クラフト”が重要なテーマとなりつつある昨今。実はカクテ…

最高の雰囲気でテキーラを楽しめる!「テキーラの日」2108 Celebration Partyが7/21に開催! 最高の雰囲気でテキーラを楽しめる!「テキーラの日」2018 Celebration Partyが7/21に開催!

日本でもようやく「おいしいお酒」として認知され始めてきているテキーラ。それに伴いテキーラにまつわ…

注目のメスカル“ブエンスセソ”のプロデューサーに聞く「メスカルの今 注目のメスカル“ブエンスセソ”のプロデューサーに聞く「メスカルの今」

本国メキシコやアメリカでのブームを皮切りに、日本でも少しずつ認知が高まってきているメスカル。輸入…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP