日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』前編 – アンバサダーが語るボタニカルへのこだわりとは?

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』前編 - アンバサダーが語るボタニカルへのこだわりとは?

青く輝く美しいボトルで知られる『ボンベイ・サファイア』は、日本でも人気のジンですが…その蒸溜所の様子やリアルな製造現場を見てみたい方は少なくないのではないでしょうか?

LiquorPageでは、そのジンが造られるロンドン近郊の蒸溜所『ボンベイ・サファイア蒸溜所(正式名:ラヴァーストーク蒸溜所)』を訪問。
今年6月に日本で開催された『ボンベイ・サファイア プレミアクリュ』のカクテルコンペティションで日本一に輝いたバーテンダー、加藤晋悟さん(THE SAILING BAR/奈良・桜井市)に優勝特典として贈られた、蒸溜所訪問、およびロンドンバーツアーに密着してきました。

今回の記事では、加藤さんと一緒に巡った蒸溜所の中の様子を、写真を多用しながら前編と後編に分けて詳しくご紹介。
バーテンダーなりの視点や感想を交えながら、その際の様子を振り返ります。
現地を訪問したからこそ分かるこだわりなど、日本ではなかなか知り得ない『ボンベイ・サファイア』の情報が満載です!

Sponsored by バカルディジャパン株式会社

アンバサダーが語る『ボンベイ・サファイア』と他のジンの違い

ロンドンの中心部から車を走らせること、およそ1時間半。
イギリスらしい田舎の風景を抜けた先に突然現れる、どこか歴史を感じさせる巨大な洋風の建物こそがボンベイ・サファイアのラヴァーストーク蒸溜所です。
豊かな自然に囲まれた蒸溜所に心踊らされていた中、陽気に出迎えてくれたのは『ボンベイ・サファイア』のシニアブランドアンバサダーを務めるサム・カーターさん。

「思った以上にずっと大きいですね」と加藤さんが語る蒸溜所は一般見学やさまざまな体験ツアーなども用意されている。そしてなんと、結婚式も可能なのだとか「思った以上にずっと大きいですね」と加藤さんが語る蒸溜所は一般見学やさまざまな体験ツアーなども用意されている。そしてなんと、結婚式も可能なのだとか

「思った以上にずっと大きいですね」と加藤さんが語る蒸溜所は一般見学やさまざまな体験ツアーなども用意されている。そしてなんと、結婚式も可能なのだとか

この日のガイド役として蒸溜所を案内してくれたサム・カーターさん

この日のガイド役として蒸溜所を案内してくれたサム・カーターさん

サムさんからまず語られたのは『ボンベイ・サファイア』と他のジンとの違いについて。
「通常のジンはボタニカルをアルコールの中に漬け込んで蒸溜しますが、漬け込みをしないで蒸溜の際の蒸気をボタニカルにとおすことで香りづけする“ヴェイパーインフュージョン製法”が当ブランドの特長で、ボタニカルのフレッシュな香りを表現したいのでこの製法を用いています。特長が強いジンが多い中で、各ボタニカルの特長を全体に馴染ませてバランスの良さを出すことを重要視しています」

リミテッドシリーズを含む『ボンベイ・サファイア』のラインナップ

リミテッドシリーズを含む『ボンベイ・サファイア』のラインナップ

世界中から調達された10種類のボタニカルが使われる『ボンベイ・サファイア』ですが、その香りには5つの要素があるのだとか。
まず1つは“パイン(パイン=松、いわゆるジュニパーベリーの香り)”、2つ目が“シトラス”、3つ目が“アーシー(サムさん曰く「大地の根っこの香り」)”、4つ目が“フローラル”、そして5つ目が“スパイス”です。
「要素別にカテゴリー分けされていることは初めて知りました。しかもそれぞれの役割がはっきりしていることに驚きましたし、試飲することでより、それを感じられました」と語る加藤さん。

圧倒的にジン&トニックが人気…ロンドンのジントレンド

バーテンダーである加藤さんが特に気になったことの一つが『ボンベイ・サファイア』をはじめとしたジンが、現在ロンドンでどのように飲まれているのか。
サムさん曰く「ネルソン社によれば、ジンはその78%がジン&トニックとして飲まれているとされています」と、やはりジン&トニックが圧倒的に人気とのこと。

加藤さんはやはり飲み方やカクテルについて気になっていた様子

加藤さんはやはり飲み方やカクテルについて気になっていた様子

その他のカクテルについては「やはりネグローニがいちばんの人気」と前置きしつつも「トムコリンズやアヴィエーションなどのクラシックカクテルの現代風のアレンジや、ヴェルモットを多く使ったウェットマティーニも人気になってきています。(ドライではなく)ビアンコヴェルモットを使った甘めのマティーニも個人的にはオススメです。それと、消費の傾向が量より質に移行している中で、ボンベイ・サファイア プレミアクリュを使ったプレミアムなフレンチ75も増えてきていますね」と語ります。

ボタニカル見学 – 外観が美しい「グラスハウス」では2つの気候を再現

蒸溜所を象徴する設備ともされる、通称“グラスハウス”

蒸溜所を象徴する設備ともされる、通称“グラスハウス”

サムさんによる基本的な説明が終わった後は、いよいよ蒸溜所内の設備見学へ。
まず向かったのは、流線が特長的なガラスの温室です。
著名なデザイナーであるトーマス・ヘザウィック氏(最近では麻布台ヒルズを手がけたことでも有名)が手がけたこちらの設備内では『ボンベイ・サファイア』に使われている10種類のボタニカルが標本として栽培されています。
2つある設備のうち、1つはアフリカや東南アジアの熱帯の気候が再現されており、実際にそうした地域で育つカシア樹皮やクベバベリーなどが植えられています。
もう1つは乾燥した温帯地中海性気候が再現されており、ジュニパーベリーやオリスなどが植えられています。
驚くことにこれらの温度管理には、蒸溜時に発生した熱が再活用されているのだそう。
「入ってみて、動物園の熱帯エリアのように暑いなと感じたのですが、これを蒸溜の廃熱でまかなっているのはすごいですし、サスティナブルですよね」と加藤さん。

加藤さん側にある鉢に植えられているのがグレインズオブパラダイス

加藤さん側にある鉢に植えられているのがグレインズオブパラダイス

数あるボタニカルの中でも特に印象的だったのは、ガーナから輸入しているというグレインズオブパラダイス。
「実はアフリカ全土で採れるのですが、一つの村とのみ取引をし、そこで学校を作ったりしながら村の発展に寄与しているんです」とサムさんは説明します。

ちなみに、ジンと名乗るために欠かせないボタニカルであるジュニパーベリーは、イタリア・トスカーナ地方のものが使用されているのですが、実は現地では、その収穫は専用の免許を持った人しかできないのだとか。
『ボンベイ・サファイア』では、大まかに100人ぐらいと契約して直接仕入れているそうです。
その他のボタニカルも、卸売業者などを介さず、全て農家に会った上で直接契約し、トレーサビリティも重視しながら持続可能な取引をすることもこだわりの一つとのことでした。

ジュニパーベリーの木「実際の木はもっと大きいですし、トスカーナは風が強いので木も強く丈夫になります。 ここのは少し温室育ちですね(笑)」とジョークを飛ばすサムさん

ジュニパーベリーの木「実際の木はもっと大きいですし、トスカーナは風が強いので木も強く丈夫になります。 ここのは少し温室育ちですね(笑)」とジョークを飛ばすサムさん

アンジェリカ。実際に使うのは根の部分「乾いた木のようなアーシーな香りやキノコに似たセイボリーの香りが特長です。この素材によって、すべてのボタニカルの香りが残りながらもまとめられるんです」とサムさん

アンジェリカ。実際に使うのは根の部分「乾いた木のようなアーシーな香りやキノコに似たセイボリーの香りが特長です。この素材によって、すべてのボタニカルの香りが残りながらもまとめられるんです」とサムさん

「ただ見せるだけではなくて、アートとしての見せ方にボンベイ・サファイアらしさを感じますね。それに、一つ一つのボタニカルの香味が気になってくる見せ方だなと…」そう加藤さん語る中、温かい温室を抜けて、実際に蒸溜に使用する状態のボタニカルが展示されているスペースへ移動。
こちらでは各ボタニカルの香りを嗅ぐことができます。

オリスルートは乾燥工程など原料として使うまでに8年もかかり、実際、一番高価なボタニカルなのだとか。ちなみに世界的に有名なラグジュアリーブランドの香水にも使われているそう

オリスルートは乾燥工程など原料として使うまでに8年もかかり、実際、一番高価なボタニカルなのだとか。ちなみに世界的に有名なラグジュアリーブランドの香水にも使われているそう

サムさんの一番のお気に入りだというトスカーナ産のジュニパーベリーは、日本で見るものより実がずっと大ぶり。
味わってみたところ「オイリーさをしっかり感じましたが、何より甘さに驚きました。日本で味わうものとはまるで違う…」と加藤さん。実際のところ、トスカーナ産のものは、糖度が高いのだそうです。
その実は潰した状態で使用されますが、大量に使用されるにも関わらず、なんと人の手で潰しているのだそうです。

トスカーナ産のジュニパーベリーは糖度の高さゆえに蒸溜の際に焦げつきやすいそう。だからこそ直接熱さずに蒸気を活用する“ヴェイパーインフュージョン”は適した製法なのだとか

トスカーナ産のジュニパーベリーは糖度の高さゆえに蒸溜の際に焦げつきやすいそう。だからこそ直接熱さずに蒸気を活用する“ヴェイパーインフュージョン”は適した製法なのだとか

ボタニカルの展示スペース。「味見してもらってもいいですよ。これが昼食ですかね?笑 」とまたもジョークを飛ばすサムさん

ボタニカルの展示スペース。「味見してもらってもいいですよ。これが昼食ですかね?笑 」とまたもジョークを飛ばすサムさん

後編へ続く…

ボタニカルを見学した後は、蒸溜所内にあるカフェ『The Mill Café』で昼食。

イギリスらしい蒸溜所内の風景。右側の建屋が『The Mill Café』

イギリスらしい蒸溜所内の風景。右側の建屋が『The Mill Café』

地産地消の観点から、地元の素材を使用したポークパイやサラダ、パンなどのプレート

地産地消の観点から、地元の素材を使用したポークパイやサラダ、パンなどのプレート

「海外らしくボリューミーではありましたが、美味しかったですね」と加藤さん。
「(蒸溜所に)着いたときは、伝統的な建物だと思いましたが、中に入ってみると近代化していて、伝統と革新の見事な融合を感じられました。それに、すれ違うスタッフさんたちが皆初めて会ったとは思えないほどフレンドリーでした。そしてサムさんのボンベイ・サファイア愛がすごい…」と、ここまでを振り返ります。

さて、前編はここまで。
後編では、核となるボタニカルの蒸溜工程や蒸溜所が取り組むサスティナビリテイ、カクテルテイスティングの様子などをご紹介します。

ボンベイ・サファイアについて詳しくはこちら
ボンベイ・サファイア公式サイト
こちらの記事もオススメ!
ロンドンで活躍する日本人バーテンダーへの9つの質問 – 中村充宏
ロンドンで活躍する日本人バーテンダーへの9つの質問 – 安部直柔

全国のバーテンダーの人となりを知ろう!
バーテンダーへの8つの質問

ジン・クラフトジンを買うならAmazonがおすすめ!

⇒Amazonのジンストア

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、様々な酒類専門メディアの執筆・編集のほか、酒類イベントの企画運営やWEB制作、プロモーション業にも携わる。写真撮影も行うなど、お酒を通じた様々な制作業を一人でこなす。(ただの酒好き)

関連記事

  1. ピーチパインを使用したトロピカルな沖縄産ジン「ORI-GiN 1848」が発売! ピーチパインを使ったトロピカルな沖縄産ジン「ORI-GiN 18…
  2. 日本で買える“トニックウォーター”全14銘柄まとめ 〜 特徴と味をチャートで紹介 日本で買える“トニックウォーター”全14銘柄まとめ 〜 特徴と味…
  3. 祝日本上陸!オーストラリアNO.1クラフトジン「フォーピラーズ」の特徴と魅力をご紹介 祝日本上陸!オーストラリアNO.1クラフトジン「フォーピラーズ」…
  4. ジャパニーズクラフトジン・AKAYANE 焼酎の名門が造るジャパニーズクラフトジン「AKAYANE」の魅力…
  5. スターバーテンダーが監修!簡単に自宅で本格ジンカクテルを作れるキットが発売! スターバーテンダーが監修!簡単に自宅で本格ジンカクテルを作れるキ…
  6. 沖縄クラフトジン「MIZUHO」 沖縄発トロピカルなクラフトジン「MIZUHO」が数量限定発売!そ…
  7. ジン・自宅で楽しむ 日常をオシャレに!「自宅でジンを楽しむ」という選択肢
  8. ボンベイ・サファイアの限定ボトル「ボンベイ・サファイア サンセット」が6/15に発売!3つの素材を新たに使用 ボンベイ・サファイアの限定ボトル「ボンベイ・サファイア サンセッ…

おすすめ記事

日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り - 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介 日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り – 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介

新たな発見や想像しえないインスピレーションを得られるのは、旅の大きな醍醐味の一つ。日本一のバーテ…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 - こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 – こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは?

『ボンベイ・サファイア プレミアクリュ』のカクテルコンペティションで日本一に輝いた加藤晋悟さん(TH…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』前編 - アンバサダーが語るボタニカルへのこだわりとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』前編 – アンバサダーが語るボタニカルへのこだわりとは?

青く輝く美しいボトルで知られる『ボンベイ・サファイア』は、日本でも人気のジンですが…その蒸溜所の様子…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP