憧れの高級スコッチ「ローヤルサルート」が一新!ブレンデッドモルトなど新銘柄が登場

憧れの高級スコッチ「ローヤルサルート」が一新!ブレンデッドモルトなど新銘柄が登場

今や多くの人が親しむようになったスコッチウイスキー。日本でも数多くのブランドを味わうことができますが、その中でも高級ブランドとして長年人気を博しているのが「ローヤルサルート」です。
同ブランドはこの度、フラッグシップ銘柄を「ローヤルサルート21年 シグネチャーブレンド」に名称を変更し、装いを新たにすることを発表。さらにローヤルサルート史上初の試みであるブレンデッドモルト、そしてブレンデッドグレーンも新たにリリースすることも発表されました!

当記事では、一新されるローヤルサルートについてご紹介!

当サイトの新サービスがスタート!
↓をタップしてサービスをチェック

ローヤルサルートとは?

ラグジュアリーな陶器ボトルが特徴的なローヤルサルート。
シーバスリーガルなどで知られるシーバス・ブラザーズ社が手がけるこのブランドは、1953年の英国女王エリザベス2世の戴冠式で放たれた21回のローヤルサルートと呼ばれる皇礼砲の名を冠した由緒正しきウイスキーです。
21回という数字にちなみ、21年熟成のブレンデッドウイスキー(モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドした一般的に飲みやすいタイプのウイスキー)となっており、多くの人に親しまれるブレンデッドウイスキーの中でも、最高峰ブランドとして広くその名が知られています。
(余談ですがローヤルサルートは、その昔、筆者がウイスキーを好きになりたて頃にとても憧れたブランドでした)

ブランド名は21回の皇礼砲「ローヤルサルート」の名を冠している

ブランド名は21回の皇礼砲「ローヤルサルート」の名を冠している

そんなローヤルサルートが、フラッグシップ銘柄のボトルデザインをリニューアルし、その名を「ローヤルサルート21年 シグネチャーブレンド」と改めました。
多少変更はあったものの陶器ボトルは継承。また、21年以上熟成されたモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドする、その伝統も継承されており、洗練されたエレガントで滑らかな味わいは健在のようです。

21年以上熟成された原酒のみを使用している

21年以上という長期熟成された原酒のみを使用している

ブレンデッドモルトとブレンドデッドグレーンもリリース

上記のリニューアルも大きなニュースですが、今回の最大のニュースはこちら。
ブレンデッドウイスキーとして名を馳せたローヤルサルート史上初であるブレンデッドモルト(モルトウイスキーだけをブレンド)「ローヤルサルート21年 モルトブレンド」と、非常に珍しいブレンデッドグレーン(グレーンウイスキーのみをブレンド)「ローヤルサルート21年 ブレンデッドグレーン」を限定で発売することが明かされました。

今回発表された3銘柄。ローヤルサルートらしく全て陶器ボトル

今回発表された3銘柄。ローヤルサルートらしく全て陶器ボトル

モルトブレンドは、緑色の陶器ボトルに身を包み、21年以上熟成された21種以上のモルト原酒を使用。
ブレンド技術の高さで名高いシーバス・ブラザーズ社の技術が活かされた銘柄で、先立って発売された海外ではワールド・ウイスキー・アワード(WWA)2019で部門最高賞を受賞するなど、すでに高評価を獲得しています。
一方、白い陶器ボトルに身を包んだブレンデッドグレーンは、21年以上熟成のグレーン原酒を使用。これまで体験したことがないほどのクリーミーな舌触りと甘さが特徴とされています。
モルトブレンドは通年販売ですが、こちらは数量限定販売となる模様です。

スポンサーリンク

商品概要

ローヤルサルート21年 シグネチャーブレンド
【ローヤルサルート21年 シグネチャーブレンド】
オープン価格/参考小売価格: 18,900円 (以下、税別)
容量: 700ml
アルコール度数: 40度

ローヤルサルート21年 モルトブレンド
【ローヤルサルート21年 モルトブレンド】
発売日: 10月7日から出荷開始 ※通年商品
オープン価格/参考小売価格: 21,000円
容量: 700ml
アルコール度数: 40度

ローヤルサルート21年 ブレンデッドグレーン
【ローヤルサルート21年 ブレンデッドグレーン】
発売日: 11月5日から出荷開始 ※数量限定品
オープン価格/参考小売価格: 20,000円
容量: 700ml
アルコール度数: 46.5度

当サイトの新サービスがスタート!
↓をタップしてサービスをチェック
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

関連記事

  1. スコッチ・ウイスキーの定義を簡単かつ丁寧にまとめてみた スコッチ・ウイスキーの定義を簡単かつ丁寧にまとめてみた
  2. 初の二日間開催!国内最大級の祭典「Whisky Festival in 東京」が11/24-25に開催! 初の二日間開催!国内最大級のウイスキー祭「Whisky Fest…
  3. ジャパニーズウイスキーの特徴と強み ジャパニーズウイスキーの特徴、そして強みとは?
  4. 大人気スコッチ・バランタインの新商品「バレルスムース」が発売!オススメの飲み方はオリジナルの…? 大人気スコッチ・バランタインの新商品「バレルスムース」が発売!オ…
  5. ハイボールにおすすめのシングルモルトまとめ ハイボールにおすすめのウイスキー銘柄8選【シングルモルト編】
  6. 私のウイスキーのツマミ 私の家飲みウイスキーのツマミ 〜 5つに厳選してご紹介
  7. ブレンデッドとシングルモルト ブレンデッド・ウイスキーとシングルモルトの違いを簡単解説!
  8. 世界五大ウイスキー 世界五大ウイスキーとは?特徴をざっくり説明…実は日本も?

おすすめ記事

クラフトジンの王道・シップスミスのコミュニティ「Swan Lab」が始動!独自のカクテルブックを制作 クラフトジンの王道・シップスミスのコミュニティ「Swan Lab」が始動!独自のカクテルブックを制作

クラフトジンの魅力といえば、個性あふれる味わいはもちろんのこと、クラフトならではのカルチャーに触れな…

割材こそが重要?ナチュラル志向の飲料ブランド「フィーバーツリー」を徹底解説 割材こそが重要?ナチュラル志向の飲料ブランド「フィーバーツリー」を徹底解説

ハイボールやジン&トニックなど、カジュアルにお酒を味わう上で欠かせないのが割材。バーの世界では“…

造り手に聞く - レストラン蒸溜所で造られる日本初のジン「NUMBER EIGHT GIN」開発秘話 造り手に聞く – レストラン蒸溜所で造られる日本初のジン「NUMBER EIGHT GIN」開発秘話

近年、国産クラフトジンが大きな盛り上がりを見せる中、レストラン内で造られる日本初のジンとして、その独…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP