憧れの高級スコッチ「ローヤルサルート」が一新!ブレンデッドモルトなど新銘柄が登場

憧れの高級スコッチ「ローヤルサルート」が一新!ブレンデッドモルトなど新銘柄が登場

今や多くの人が親しむようになったスコッチウイスキー。日本でも数多くのブランドを味わうことができますが、その中でも高級ブランドとして長年人気を博しているのが「ローヤルサルート」です。
同ブランドはこの度、フラッグシップ銘柄を「ローヤルサルート21年 シグネチャーブレンド」に名称を変更し、装いを新たにすることを発表。さらにローヤルサルート史上初の試みであるブレンデッドモルト、そしてブレンデッドグレーンも新たにリリースすることも発表されました!

当記事では、一新されるローヤルサルートについてご紹介!

当サイトの新サービスがスタート!
↓をタップしてサービスをチェック

ローヤルサルートとは?

ラグジュアリーな陶器ボトルが特徴的なローヤルサルート。
シーバスリーガルなどで知られるシーバス・ブラザーズ社が手がけるこのブランドは、1953年の英国女王エリザベス2世の戴冠式で放たれた21回のローヤルサルートと呼ばれる皇礼砲の名を冠した由緒正しきウイスキーです。
21回という数字にちなみ、21年熟成のブレンデッドウイスキー(モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドした一般的に飲みやすいタイプのウイスキー)となっており、多くの人に親しまれるブレンデッドウイスキーの中でも、最高峰ブランドとして広くその名が知られています。
(余談ですがローヤルサルートは、その昔、筆者がウイスキーを好きになりたて頃にとても憧れたブランドでした)

ブランド名は21回の皇礼砲「ローヤルサルート」の名を冠している

ブランド名は21回の皇礼砲「ローヤルサルート」の名を冠している

そんなローヤルサルートが、フラッグシップ銘柄のボトルデザインをリニューアルし、その名を「ローヤルサルート21年 シグネチャーブレンド」と改めました。
多少変更はあったものの陶器ボトルは継承。また、21年以上熟成されたモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドする、その伝統も継承されており、洗練されたエレガントで滑らかな味わいは健在のようです。

21年以上熟成された原酒のみを使用している

21年以上という長期熟成された原酒のみを使用している

ブレンデッドモルトとブレンドデッドグレーンもリリース

上記のリニューアルも大きなニュースですが、今回の最大のニュースはこちら。
ブレンデッドウイスキーとして名を馳せたローヤルサルート史上初であるブレンデッドモルト(モルトウイスキーだけをブレンド)「ローヤルサルート21年 モルトブレンド」と、非常に珍しいブレンデッドグレーン(グレーンウイスキーのみをブレンド)「ローヤルサルート21年 ブレンデッドグレーン」を限定で発売することが明かされました。

今回発表された3銘柄。ローヤルサルートらしく全て陶器ボトル

今回発表された3銘柄。ローヤルサルートらしく全て陶器ボトル

モルトブレンドは、緑色の陶器ボトルに身を包み、21年以上熟成された21種以上のモルト原酒を使用。
ブレンド技術の高さで名高いシーバス・ブラザーズ社の技術が活かされた銘柄で、先立って発売された海外ではワールド・ウイスキー・アワード(WWA)2019で部門最高賞を受賞するなど、すでに高評価を獲得しています。
一方、白い陶器ボトルに身を包んだブレンデッドグレーンは、21年以上熟成のグレーン原酒を使用。これまで体験したことがないほどのクリーミーな舌触りと甘さが特徴とされています。
モルトブレンドは通年販売ですが、こちらは数量限定販売となる模様です。

スポンサーリンク

商品概要

ローヤルサルート21年 シグネチャーブレンド
【ローヤルサルート21年 シグネチャーブレンド】
オープン価格/参考小売価格: 18,900円 (以下、税別)
容量: 700ml
アルコール度数: 40度

ローヤルサルート21年 モルトブレンド
【ローヤルサルート21年 モルトブレンド】
発売日: 10月7日から出荷開始 ※通年商品
オープン価格/参考小売価格: 21,000円
容量: 700ml
アルコール度数: 40度

ローヤルサルート21年 ブレンデッドグレーン
【ローヤルサルート21年 ブレンデッドグレーン】
発売日: 11月5日から出荷開始 ※数量限定品
オープン価格/参考小売価格: 20,000円
容量: 700ml
アルコール度数: 46.5度

当サイトの新サービスがスタート!
↓をタップしてサービスをチェック
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

関連記事

  1. ウイスキーフェスティバル2017 in 東京に行ってきた 「ウイスキーフェスティバル2017 in 東京」に行ってきた!中…
  2. アラン島で造られる唯一のウイスキー「アラン・モルト」その魅力に迫る アラン島唯一の蒸留所が手がけるウイスキー「アラン・モルト」その魅…
  3. シングルバレルとは? 簡単解説!バーボンウイスキーのシングルバレルの意味とは?
  4. スコッチ・スペイサイドやアイラなど6つの産地 スコッチウイスキー入門・6つの産地別特徴まとめ
  5. 世界一のウイスキーは? スコッチ、バーボンなど部門別に見る、世界一売れているウイスキーの…
  6. ウイスキー専門用語集 ウイスキー初心者向け!ウイスキー専門用語まとめ【全36語】
  7. 世界から称賛される台湾のウイスキーメーカー「カバラン」から、トロピカルなジンが発売! 世界から称賛される台湾のウイスキーメーカー「カバラン」から、トロ…
  8. キャンベルタウンを知る シングルモルト入門〜「キャンベルタウン」を簡単解説!

おすすめ記事

「パロマの日」を楽しむ!テキーラセノーテでつくる#私のパロマ / On 2 Off Bar 座談会 No.2 (5/22YouTube無料配信) 「パロマの日」を楽しむ!テキーラセノーテでつくる#私のパロマ / On 2 Off Bar 座談会 No.2 (5/22YouTube無料配信)

パロマと言えば、テキーラを使用した世界的に大人気のカクテル!爽やかな味わいで、カジュアルに楽しめ…

お酒のオンラインプログラムの検索サイト『LiquorPage CLUB』を立ち上げました! お酒のオンラインプログラムの検索サイト『LiquorPage CLUB』を立ち上げました!

この度、「LiquorPage(リカーページ」は、オンラインでお酒のプロモーションやコミュニケーショ…

日本一のバーテンダーに聞く - 何を考えながらカクテルを生み出しているのか? 日本一のバーテンダーに聞く、ゼロから最高のカクテルが生まれるまで

今年2月に行われた「バカルディ レガシー カクテル コンペティション 2020 (以下バカルディレガ…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP