日本限定の希少銘柄!「ザ・グレンリベット シングルカスク 2020」2種が3/30〜数量限定発売!

日本限定の希少銘柄!「ザ・グレンリベット シングルカスク 2020」2種が3/30〜数量限定発売!

世界トップクラスの人気を誇るシングルモルトウイスキーの代表的ブランド「ザ・グレンリベット」。
日本でも幅広い層から人気を集める同ブランドから、日本市場限定の銘柄「シングルカスク 2020 (#8031) 19年」と「シングルカスク 2020 (#34927) 16年」の2種が3/30〜それぞれ230本限定で同時発売されます!

今回はこの希少な銘柄について、簡単にご紹介。

スポンサーリンク

一樽から瓶詰めされる希少なシングルカスク「ザ・グレンリベット シングルカスク 2020」

グレンリベットと言えば、1824年にスコットランド政府公認蒸溜所の第一号となったことでも知られる、歴史と伝統ある蒸溜所で造られるスコッチの代表格。
シングルモルトとしては、世界一、二の売り上げを誇り、そのバランスの取れたソフトな口当たりから、モルトウイスキーファンだけでなくウイスキービギナーの方からも愛されているブランドです。

今回リリースされるのはそんなグレンリベットの貴重なシングルカスク。
シングルカスクとは、複数の樽の原酒をブレンドする一般的な製法ではなく、一つの樽のみから瓶詰めされた希少価値の高いウイスキー。樽の個性が強く出るとされており、特にモルトウイスキーファンから人気の高いカテゴリーです。
グレンリベットでは、世界の限られたマーケットのために毎年シングルカスクを発売しており、2020年は、高まるシングルカスクシリーズの需要に応えるべく、日本のために特別に樽熟成された16年と19年のシングルカスク2種を同時発売するとのことです。

「ザ・グレンリベット シングルカスク 2020 (#8031) 19年」と「ザ・グレンリベット シングルカスク 2020 (#34927) 16年」

左から「シングルカスク 2020 (#8031) 19年」と「シングルカスク 2020 (#34927) 16年」

「ザ・グレンリベット シングルカスク 2020 (#8031) 19年」は、アメリカンオークのホッグスヘッド樽で19年以上熟成された1樽で、販売本数は228本限定。
香りとの一貫性が非常に高いフルーティーな味わいと甘い余韻が特徴なのだとか。
「ザ・グレンリベット シングルカスク 2020 (#34927) 16年」は、アメリカンオークのホッグスヘッド樽で16年以上熟成された1樽で、販売本数は234本限定。
フルーティーな甘さやデリケートな樽香が感じられるクリーミーでなめらかなフィニッシュが特徴とのこと。
2種ともに、原酒をカスクストレングス(加水調整せず、樽からそのまま瓶詰め)で瓶詰めし、あえて冷却濾過を行わないノン・チルフィルタード製法で、本来のフレーバーを生かした豊かな味わいに仕上げているのだとか。

スポンサーリンク

商品詳細

ザ・グレンリベット シングルカスク 2020(#8031)19年
【ザ・グレンリベット シングルカスク 2020(#8031)19年】
容量: 700ml
アルコール度数: 58.9度(カスクストレングス)
発売時期: 2020年3月30日(月)〜
販売数量: 日本市場限定228本 (1樽分)
価格: オープン / 参考小売価格 43,000円

[テイスティングノート]
・香り: ホームメイドアプリコットジャムや、ヘザーハニー、柔らかなトフィファッジを想わせる驚くほど甘い香り。
・味わい: 熟したジューシーな洋ナシの味わいや、砂糖漬けのジンジャーやアーモンドの入ったヌガーの味わいが幾重にも重なる、「香り」との一貫性が非常に高いフルーティーな味わい。
・フィニッシュ: フルーティーで甘い余韻。

ザ・グレンリベット シングルカスク 2020(#34927)16年
【ザ・グレンリベット シングルカスク 2020(#34927)16年】
容量: 700ml
アルコール度数: 54.2度(カスクストレングス)
発売時期: 2020年3月30日(月)〜
販売数量: 日本市場限定234本 (1樽分)
価格: オープン / 参考小売価格 35,000円

[テイスティングノート]
・香り: リッチでバターたっぷりのショートブレッドやクリーミーなバニラを想わせる香りが、柔らかく煮た洋ナシ、ベイクドレモン、ハチミツたっぷりのスポンジケーキの様な香りと見事に調和する。
・味わい: 歯ごたえある青りんごやジューシーなシロップ漬けの桃の甘さが強く感じられる。スムースでシルクのようなキャラメルの味わいの中に、柑橘のレモンピールの酸味が漂う。
・フィニッシュ: デリケートな樽香が感じられるクリーミーでなめらかなフィニッシュ。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

関連記事

  1. 大人気ウイスキー「マッカラン」の限定シリーズ「クラシックカット」がついに日本上陸! 大人気ウイスキー「マッカラン」の限定シリーズ「クラシックカット」…
  2. ジャックダニエルを飲む前に ジャックダニエルを飲む前に知っておきたい基本のこと
  3. Amazonで人気のスコッチウイスキー・ランキングTOP10 Amazonで人気のスコッチウイスキー・ランキングTOP10
  4. 一部終売で話題のウイスキー「竹鶴ピュアモルト」がリニューアル!数量限定で3/31から販売 一部終売で話題のウイスキー「竹鶴ピュアモルト」がリニューアル!数…
  5. カバラン ソリスト ヴィーニョバリック Y’sカスク Y’sカスクオリジナルのカバラン!ソリスト ヴィーニ…
  6. ジャパニーズウイスキーの特徴と強み ジャパニーズウイスキーの特徴、そして強みとは?
  7. 世界のバーで人気のスコッチウイスキーランキング-TOP 10 [2020年版] 世界のバーで人気のスコッチウイスキーランキング-TOP10 [2…
  8. 世界ウイスキー売上ランキング ウイスキー世界売り上げランキングTOP20

おすすめ記事

国産クラフトジンの造り手インタビュー記事まとめ 国産クラフトジンの造り手インタビュー記事まとめ

LiquorPageではこれまでに、いくつかの国産クラフトジンの生産場所を訪ね、造り手にインタビュー…

スターバックスのトップバーテンダーに聞く、今大人気のコーヒーカクテルの魅力 スターバックスのトップバーテンダーに聞く、今大人気のコーヒーカクテルの魅力

心を豊かにさせる飲み物として、日々の生活の中で幅広く親しまれているコーヒーとお酒。実は今、これら…

焼酎の名門「尾鈴山蒸留所」がウイスキー造りを開始!造り手にインタビュー 造り手に聞く – 焼酎の名門が尾鈴山蒸留所で始めたウイスキー造りとは

黒木本店といえば「百年の孤独」や「㐂六(きろく)」などを手がける宮崎屈指の焼酎の造り手。別屋の尾鈴山…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP