コニャック界の巨星「レミーマルタン」の3つの特徴を、初心者向けに解説!

コニャック界の巨星「レミーマルタン」の3つの特徴を、初心者向けに解説!

数あるお酒のカテゴリーの中でも、とりわけラグジュアリーで高貴なイメージがあるコニャック。
ブランデーの一種であるコニャックですが、その業界において特に有名なブランドが「レミーマルタン」です。
今回の記事では、そもそもコニャックとブランデーの違いがよく分からないという方向けに、その定義を紹介しつつ、レミーマルタンのの特徴を3つにまとめてご紹介します。

商品協力:レミーコアントロージャパン
当サイトの新サービスがスタート!
↓をタップしてサービスをチェック

そもそもコニャックとは?ブランデーとは何が違う?

ブランデーといえば一般的には、ブドウをアルコール発酵させたもの(要するにワイン)を蒸溜(アルコールを高める工程)して造られるグレープブランデーがよく知られるところですが、実は、ブドウのみならずフルーツを蒸溜して造られるお酒の総称です。
グレープブランデーの大半は、ウイスキーと同じように樽で長期熟成されており、琥珀色に色づいているのが特徴です。

では、そんなブランデーの一種であるコニャックはどうでしょうか?
コニャックは、厳しいルールをクリアすることでその名を掲げることができます。

コニャック地方のブドウ畑

コニャック地方のブドウ畑

【コニャックの主な定義】

  • フランスのコニャック地方で栽培されたブドウのみを原料とする
  • 伝統的な蒸溜器を用いて、2回単式蒸溜をする
  • フランスの指定地域のオーク材を使用した樽で2年以上熟成させる
  • アルコール度数40度以上で瓶詰め・販売する
  • 簡単にまとめると、「コニャック地方のブドウを使って伝統的製法で造られる長期熟成のブランデー」といったところ。
    こうした厳しいルールゆえに、コニャックは香りや味の質も総じて高いとされており、また、一般的なブランデーに比べて価格が高いのも特徴で、高級ブランデーと捉えることもできます。

    コニャック界の二大巨塔の一つ「レミーマルタン」の3つの特徴

    数あるコニャックの中でも、特に有名なブランドが「レミーマルタン」です。
    同じく世界的に有名なヘネシーと双璧をなす二大ブランドの一つと言っても過言ではなく、世界中のファンを魅了し続けています。
    そんなレミーマルタンの特徴を3つに厳選してみました。

    1. コニャック業界の老舗であり家族経営を続ける

    レミーマルタン・ハウス

    コニャック地方にあるレミーマルタンの製造拠点

    レミーマルタンの創業は1724年。その名のとおりレミー・マルタンという人物によって設立されました。
    およそ300年の歴史を持つ老舗であり、コニャックの大手としては唯一一人のブドウ農家兼ワイン製造業者(ワイングローワー)によって設立されました。
    それ以降、レミー・マルタン家にエリアール=ドゥブルイユ家も加わり、この2家による家族経営が続いています。

    2. 高い等級のコニャックのみを製造

    レミーマルタンXO

    コニャック地方では、ブドウの産地が6つに区分けしてされています。
    その中でも特に品質の良いブドウを生むとされ、最上位の産地とされているのが「グランド・シャンパーニュ」と「プティット・シャンパーニュ」です。
    この2つの産地のブドウのみをブレンドしたコニャックは「フィーヌ・シャンパーニュ」と呼ばれ、高い品質を誇ることで知られています。
    レミーマルタンでは、大手造り手としては唯一このフィーヌ・シャンパーニュのコニャックのみを製造しており、大きな特徴として挙げられます。
    つまり、高い等級のコニャックにこだわっているというわけです。

    3. 高貴な香りと洗練された味わい

    レミーマルタン VSOPとXO

    写真左がレミーマルタン VSOP、右がXO

    レミーマルタンには「VSOP」と「XO」といった2つの代表的な商品があります。
    熟成年数4年〜12年の原酒をブレンドしたVSOPは、バニラの甘い香りとフルーティーな香りのバランスが良く、ふくよかながらも繊細が味わいが特徴です。
    一方で、平均熟成年数10年〜37年の300種におよぶ原酒をブレンドしたXOでは、レーズンのような甘美な香りが奥深く、複雑な味わいかつ驚くほど長い余韻が特徴的です。
    いずれにも通ずるのが、コニャックらしい華やかで高貴な香りと、深みがありながらも洗練された味わい。レベルの高い味わいだからこそ、長年多くの人に愛されているのでしょう。

    スポンサーリンク

    レミーマルタンの動画でオススメの飲み方やブランドの詳細をチェック!

    今回ご紹介したレミーマルタンについては、姉妹サイトのLiquorPage CLUBのオンライン座談会企画でメインテーマとして取り上げており、現在YouTubeで公開中です。
    動画では、ブランド・アンバサダーとバーテンダーをゲストに、ブランドの特徴や、オススメの飲み方、食事とのペアリングについてご紹介しています。
    ぜひコチラもご覧ください。

    【自宅やバーで楽しむ「レミーマルタン」/ On 2 Off Bar 座談会 No.5】

    また、ブランド・アンバサダーによるセミナー動画(日本語)もありますので、コチラも併せてチェックしてみてください。

    【Rémy Martin オンラインセミナー1 by ブランドアンバサダー マイリス・ドゥヴィール】

    当サイトの新サービスがスタート!
    ↓をタップしてサービスをチェック
    小針 真悟
    著者:小針 真悟

    [LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

    関連記事

    1. 桃よりも桃…素材のリアルな味を感じさせるリキュール「奏 Kanade」、待望の一般販売をスタート 桃よりも桃…素材のリアルな味を感じさせるリキュール「奏 Kana…
    2. 世界のウォッカ、売り上げTOP5 世界一売れているウォッカは?TOP5のウォッカ銘柄を発表!
    3. アルコール度数が高すぎるお酒たち 日本でも購入可!「アルコール度数が高すぎる」お酒8選
    4. ウォッカってどんなお酒? 初心者向け!ウォッカとはどんなお酒?がざっくりわかる記事
    5. 自宅やバーで楽しむ「レミーマルタン」/ On 2 Off Bar 座談会 No.5 (YouTube) 自宅やバーで楽しむ「レミーマルタン」/ On 2 Off Bar…
    6. エンジェルズシェア(天使の分け前)とは? 樽熟成用語「エンジェルズシェア / 天使の分け前」を理解する
    7. アブサン・その魅力と真実 キケンなお酒?偉人達を虜にしたアブサンの魅力とは?
    8. 世界のリキュール・売り上げTOP10 世界一売れているリキュールは?世界の売上TOP10を発表!

    おすすめ記事

    クラフトジンの王道・シップスミスのコミュニティ「Swan Lab」が始動!独自のカクテルブックを制作 クラフトジンの王道・シップスミスのコミュニティ「Swan Lab」が始動!独自のカクテルブックを制作

    クラフトジンの魅力といえば、個性あふれる味わいはもちろんのこと、クラフトならではのカルチャーに触れな…

    割材こそが重要?ナチュラル志向の飲料ブランド「フィーバーツリー」を徹底解説 割材こそが重要?ナチュラル志向の飲料ブランド「フィーバーツリー」を徹底解説

    ハイボールやジン&トニックなど、カジュアルにお酒を味わう上で欠かせないのが割材。バーの世界では“…

    造り手に聞く - レストラン蒸溜所で造られる日本初のジン「NUMBER EIGHT GIN」開発秘話 造り手に聞く – レストラン蒸溜所で造られる日本初のジン「NUMBER EIGHT GIN」開発秘話

    近年、国産クラフトジンが大きな盛り上がりを見せる中、レストラン内で造られる日本初のジンとして、その独…

    人気の記事

    1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
    2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
    3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
    4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
    5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

    新着記事

    関連記事

    PAGE TOP