多くの来場者が美酒を堪能!写真で振り返る「テキーラの日 Celebration Party」

多くの来場者が美酒を堪能!写真で振り返る「テキーラの日 Celebration Party」

ここ日本においても、他国同様にテキーラは“美酒”として認識されるようになってきています。
そうした背景もあってか、テキーラのイベントは年々増え、盛況を博すように。

そんな中、7/21に開催された大規模イベントが『「テキーラの日」Celebration Party~日本・メキシコ外交関係130周年記念イベント~』
LiquorPageでは、陰ながら当イベントの運営をサポートさせていただきました。

当記事では、写真を多用しながら大盛況だったイベントの様子を振り返っていきます。
記事後半には写真ギャラリーも設置!

スポンサーリンク

「テキーラの日」Celebration Party~日本・メキシコ外交関係130周年記念イベント~とは

「テキーラの日」Celebration Party~日本・メキシコ外交関係130周年記念イベント~のイメージ画像

「テキーラの日」Celebration Partyのイメージバナー。

世界各国で7/24が「NATIONAL TEQUILA DAY」として定められ、昨年より日本でも、メキシコ大使館商務部が同日を「テキーラの日」と制定しました。
そのお祝いの日を記念して開催されたのが 『「テキーラの日」Celebration Party~日本・メキシコ外交関係130周年記念イベント~』
 
初開催となる今年は「代々木VILLAGE by kurkku」が会場となり、200種類以上に及ぶテキーラ&メスカルやカクテル、そしてフードや雑貨のブースも登場。
セミナーや豪華ゲストバーテンダーによるスペシャルカクテルなど、豊富なコンテンツの大規模イベントとなり、なんと600枚限定のチケットは完売!急遽追加販売したチケットもほぼ完売しました。

会場テラスの様子

会場の「代々木VILLAGE by kurkku」には様々な植物が植えられている。

多くの来場者が様々な角度からテキーラを堪能!

イベント当日は、天気は快晴で太陽の日差しが照りつけ、メキシコ産のアガベやサボテンをはじめ大小様々な植物が彩る会場は、素晴らしい雰囲気に。
開始直後から多くの来場者が押し寄せ、オープニングコンテンツであるフレアバーテンダーによるショーが行われ、すぐさま盛り上がりを見せました。

「TEQUILA 13」フレアショーの様子

オープニングセレモニーとして催されたフレアショー。

テイスティングエリアやMUSIC BAR、テラスなど様々なフロアが用意された会場を回遊しながら、来場者はテキーラやカクテルなどの美酒を堪能しました。

テイスティングエリアは終始盛況!

イベント開始から最後まで大きな賑わいを見せていたのが、200種以上のテキーラ&メスカルが並んだテイスティングエリア。
1本1万円前後するような高額なテキーラや、日本で解禁になったばかりのテキーラも自由にテイスティングできたため、好評を博していました。

テイスティングエリア

テイスティングエリアは常に多くの人で賑わっていた。

豪華ゲストバーテンダーによるスペシャルカクテルでは完売も!

今回の目玉コンテンツの一つが、超豪華バーテンダーによるスペシャルカクテル。
​南雲主于三さん(Mixology Experience)、Rojerio Igarashiさん(BAR TRENCH)、小栗絵里加さん(Algernon Sinfonia)、江刺幸治さん(SPIRITS BAR Sunface)、鹿山博康さん(Bar Benfiddich)、大沢智枝さん(BAR AdoniS)といった、日本を代表するバーテンダーがオリジナルのテキーラカクテルを振る舞いました。
こうしたトップバーテンダーのカクテルを一同に味わる貴重な機会とあってコチラの好評で、有料だったにも関わらず売り切れとなるカクテルも。

ゲストバーテンダー

日本を代表するトップバーテンダー6人がスペシャルカクテルを創作した。

5つのセミナーは全て満席に!

イベント中随時行われていたセミナーも好評で、50席前後用意されたセミナールームで行われた計5つのプログラムが、なんといずれも満席状態!
テキーラに対する知識欲の高さが伺えました。

セミナーの様子

5つ行われたセミナーは常に満席状態だった。

テキーラの未来は明るい?そう感じさせるイベントだった

終始盛り上がりを見せた『「テキーラの日」Celebration Party』
来場者の数は、初開催ながら“638名”にも上りました!
また、その層は幅広く、若い男女グループからベテランのテキーラファンまで多様な来場者が見られました。

あるメーカーの調査によれば、20代など若い層はテキーラの馴れ初めがそれ以上の層とは異なるため、“罰ゲームのお酒”などテキーラ特有のネガティブイメージを持っていないとのこと。
そうした層も多く訪れた当イベントは、テキーラのさらなる普及を期待させるものとなりました。

スポンサーリンク

写真ギャラリー

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. 骸骨の貴婦人も登場?11/1-2の死者の日は「ドン・フリオ」テキ…
  2. テキーラの原料 テキーラは意外な「植物」が原料となって作られている
  3. あのギタリストが魅了され、オーナーになったテキーラ「カサノブレ」 あのギタリストが魅了され、オーナーになったテキーラ「カサノブレ」…
  4. テキーラ…メキシコでしか造れないもう一つの理由 法律だけじゃない!テキーラがメキシコでしか造れない理由とは?
  5. プレミアムテキーラとは ハリウッドで大流行!プレミアムテキーラとはどんなもの?
  6. 豪華ゲストらが来日!「AGAVE LOVE×TEQUILA FESTA in TOKYO」が11/3〜11/4に初開催! 豪華ゲストらが来日!「AGAVE LOVE×TEQUILA FE…
  7. テキーラの特定名称・ブランコ、レポサド、アネホなど テキーラのブランコ、レポサド、アネホの違いを徹底解説!
  8. テキーラの伝統グラス・カバジートとは? テキーラの伝統的な飲み方には「カバジート」を使用する

おすすめ記事

京都から世界に羽ばたくジン「季の美」はいかに造られているのか?京都蒸溜所取材レポート 世界に羽ばたくジン「季の美」はいかに造られているのか?京都蒸溜所取材レポート

ウイスキーと同じように、今、日本の“クラフトジン”も世界での存在感を増してきています。なかでも「…

メキシコのお祭り「死者の日」を再現!「ドン・フリオ×Day of the Dead」をレポート メキシコのお祭り「死者の日」を再現!「ドン・フリオ×Day of the Dead」をレポート

世界各国にはその国ならではのお祭りがありますが、テキーラの本場メキシコを代表するお祭りが「Day o…

「パトロン」カクテルコンペ優勝者、中村充宏氏に聞く② 〜 バーテンダーとしてのストーリー、コンペで勝ち続ける理由 「パトロン」カクテルコンペティション優勝者、中村充宏氏に聞く② 〜 バーテンダーとしてのストーリー、コンペで勝ち続ける理由

世界的に有名なプレミアムテキーラ、パトロンのカクテルコンペティション(以下、カクテルコンペ)「パトロ…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP