二日酔いの予防のために食事をしっかり摂りながら飲むべき理由

二日酔い予防策・食べながら飲む

年末年始は嫌が応にもお酒の量が増えます。
そうなると心配されるのが「二日酔い
二日酔いは多くの日本人にとって身近であり、誰しもが避けたいもの。

LiquorPageでは、二日酔いについてすでにいくつかの予防法や対策をご紹介していますが、本記事では「食事を摂りながら飲むことの大切さ」について、信頼できる文献を元にご紹介していきます。

あまり知られていませんが、二日酔いの有力な原因の一つとされる「低血糖状態」を防ぐためにも、食事を摂りながらの飲酒はとても大切です。
それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

二日酔いの有力な原因の一つ「低血糖」

空腹での飲酒は、血中アルコール濃度を急激にあげる恐れがある、というのはよく知られた話。
胃の中が空っぽだとアルコールが急速に吸収されてしまい、分解が追いつかず、悪酔いやアルコール中毒を招く恐れがあるからです。

しかし食事を摂るべき理由はそれだけでありません。

あまり知られていませんが、実は二日酔いの有力な原因の一つに「低血糖状態」があり、それは食事と深く関係しているのです。

まずそもそも、二日酔いの原因については驚くほど研究が進んでおらず、アルコールと健康についての論文を多数発表している疫学者のジョナサン・ハウランド氏の言葉を借りれば「何が二日酔いを起こすのか誰も知らない」状態です。
しかしその中でもいくつか有力な説、少なくとも二日酔いと相関が見られる説が出ており、その一つが「低血糖状態」というわけです。
低血糖状態と二日酔いの関係については「酒の科学・白揚社 著アダム・ロジャース」や厚生労働省のサイト「e-ヘルスネット」でも見解が一致しており、有力だと言えます

では、この低血糖状態と二日酔いはどのように関係しているのでしょうか?
本記事のテーマでもある「食事」との関係についても見ていきましょう。

低血糖はお酒の飲み過ぎや食事量が少ないことで陥りやすい

低血糖のイメージ

低血糖とお酒、食事は深く関係している。

低血糖状態とは、その名のとおり血糖値が異常に下がってしまっている状態です。
低血糖状態に陥ると、頭痛やだるさ、集中力の低下などを引き起こすとされ、奇遇にも二日酔いの症状とほぼ一致しています。
要するに、二日酔いの症状の一部は、低血糖状態からいきているかもしれないというわけです。

実はお酒を飲んでいるとき、この低血糖状態に陥りやすいとされているのです。

e-ヘルスネットによれば、お酒を飲みすぎると、ホルモンバランスが崩れ低血糖状態に陥りやすくなるとあります。
それだけではなく、国立糖尿病情報センターによれば、低血糖状態は食事の量(特に炭水化物)が少ないことでも陥りやすくなるとされています。

飲酒の際は食欲が増す人がほとんどですが、太らないよう気をつかうあまり、なるべく食事を控えながら飲もうとする人も少なくありません。
しかもその際、真っ先に控えられるのがよりによって炭水化物です。

つまり、そもそも飲酒によって低血糖状態に陥りやすいのにも関わらず、人によっては飲酒の際食事を控え、しかも炭水化物を積極的に控えようとする人も少なくないため、低血糖状態がさらに身近になってしまう、というわけです。

二日酔い予防のためにも食事はしっかり摂りながらお酒を飲む

飲酒と食事

二日酔い予防のためにも食べながら飲む。

ここまで分かれば、お酒を飲む際にしっかり食事も摂ることの大切さがお分かりいただけたでしょう。

なお、ここまでは低血糖に重きを置きましたが、食事をしっかり摂れば、その後の代謝が上がり、アルコールの分解プロセスで力を発揮することができます。
それだけでなく、口寂しさがなくなるため単純に飲み過ぎを防ぐこともできます

以上の理由から、食事を摂りながらお酒を飲むことで、低血糖を防ぎ、ひいては二日酔いの予防にもつながります。
なので、二日酔いの避けたいのであれば、しっかり食事も摂るべきなのです。

たしかに太らないように気をつかってしまうかもしれませんが、二日酔いが懸念される飲み会は週に1回あるかないかでしょう。
たった週1回普段よりも食事を摂ったところで、大きな影響があるとは思えませんし、お酒を飲まない日に適切な食事を摂れば問題ないのでは、と筆者は思います。

スポンサーリンク

まとめ

最後に、本記事についてざっくりまとめると…

  • 低血糖状態は二日酔いの有力な原因の一つでお酒を飲みすぎるとなりやすい。
  • 食事量、特に炭水化物量が少ないことでも低血糖状態に陥りやすい。
  • 炭水化物を控えず、しっかり食事しながら飲むことで二日酔いの予防につながる。

二日酔いはなってからでは遅く、特効薬は存在しないため、治るまでツラい状態を我慢しなければなりません。
それを避けるためには予防に力を入れる他ありません

二日酔いになってから後悔しないためにも、適切な対策はしておいた方が良いでしょう。
そもそも飲みすぎなければ良い話なのですが…

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. お酒の適量とは? お酒の適量って一体どれぐらい?国が示す各酒類の適量をチェック
  2. 赤ワインと頭痛 赤ワインは本当に頭痛を引き起こしやすいのか?
  3. 二日酔いの原因 二日酔いの原因 〜 本当のところなぜ二日酔いになるのか?
  4. チェイサーの本当の意味とは チェイサー=水じゃない?意外と知らないチェイサーの本当の意味
  5. プレミアムテキーラ・悪酔いしにくい? プレミアムテキーラが悪酔い・二日酔いになりにくいのは本当?
  6. スパリブ、本当に効果ある? 「スパリブ」は二日酔いに本当に効果があるのか?【検証実験】
  7. 二日酔い対策 二日酔い癖がある筆者が二日酔い防止のため行なっている対策
  8. 二日酔いの真実 二日酔いの原因は肝臓にあらず?アセトアルデヒドと二日酔いの関連性…

おすすめ記事

テキーラとキリン・メッツで作るカクテルが美味いというので試してみた テキーラとキリン・メッツで作るカクテルが美味いというので試してみた

ここ日本においても、今、テキーラの多様な飲み方が広まりつつあります。アメリカを筆頭とした海外での…

ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと

20歳を迎えたばかりの頃と言えば、居酒屋やカラオケなどどこでも飲めたこともあってか、ジン・トニックは…

「家でもできるテキーラの美味しい飲み方」を世界を制したバーテンダーに聞いてみた 「家でもできるテキーラの美味しい飲み方」を世界を制したバーテンダーに聞いてみた

世界的に“美酒”として認知され、大きなブームとなっているテキーラ。アメリカでは、この10年間でア…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP