世界一売れているジンは?ジン世界売上ランキングTOP8【2021版】

世界一売れているジンは?ジン世界売上ランキングTOP8【2021版】

2021年版の世界一売れているジンブランドはフィリピンの「ヒネブラ サンミゲル」という結果に!
では2位以降はどのようなラインナップとなったのでしょうか?

ここ数年酒類カテゴリーの中でも最も成長しているジン。その世界を巻き込むムーブメントは収まる気配がなく、まだまだ人気を拡大させています。
しかしながら昨年は新型コロナウイルスの問題が世界中に波及し、酒類業界全体に大きな損害を与えた中で、もちろんジンにも大きな影響がありました。
当記事では、2021年版のジンのブランド別世界売上ランキング(2020年の年間販売実績)を、イギリスの酒類メディアDrinks Internationalが発表したデータを元にご紹介。上位8つのブランドを、8位から順に簡単な解説つきでご紹介していきます。

8位 ヘンドリックス / Hendrick’s

ヘンドリックス
売上(出荷数):100万ケース(1ケースあたり9L換算)
産地:スコットランド

まず8位にランクインしたのは、昨年同様に「ヘンドリックス」。
1999年に発売されたこのジンは、通常の香りづけのボタニカルの他に、バラとキュウリのエキスを加えるというユニークな特徴を持ちます。その斬新さはジンの世界に大きな影響を与え、現在の世界的なクラフトジンのムーブメントを礎を築いたブランドの一つです。
ここ数年は大きな成長を続けていた中で、2020年の年間売上は2019年から26%もマイナスに。全世界でバーの営業自粛やロックダウンがあったことが要因です。


Amazonで「ヘンドリックス」を見てみる

7位 ラリオス / Larios

売上:100万ケース
産地:スペイン

続いて7位は、こちらも昨年版と同様に「ラリオス」がランクイン。
サントリー傘下のビームサントリーがスペインで展開する巨大なジンブランドです。
スペインは近年のジン人気を牽引する国の一つであり、世界でもトップクラスのジン消費量を誇ります。
そのスペインで圧倒的な人気を誇るのがラリオスです。
やはりコロナの影響が大きく、2019年と比べ33%マイナスとなりました。
なお、日本では展開されていないブランドです。

6位 シーグラム ジン / Seagram’s Gin

売上:250万ケース
産地:アメリカ

かつて世界に名を馳せたスピリッツメーカーの名を冠する「シーグラム ジン」が6年以上連続で6位に。
日本でもその名が知られていたシーグラム社の酒類部門が、2000年にペルノ・リカール社に買収されて以降は、シーグラム ジンも同社のブランドとなっています。
シーグラム社がカナダ発のメーカーということもあり、特に北米で高い人気を誇ります。
その特徴は、トップブランドとしては珍しく長期熟成されていること。
かつては日本でも流通していましたが、現在は正規輸入はされていません。

5. ビーフィーター / Beefeater

ビーフィーターのボトル
売上:270万ケース
産地:イングランド

“赤い兵隊のジン”でお馴染みのイングランド産ジン「ビーフィーター」が5年連続で5位につけました。
創業から200年経った今もなおロンドンで造り続ける伝統的なジンですが、近年は時代に即した新商品を積極的にリリース。2019年より日本でも発売された苺フレバーのジン「ピンクストロベリー」や、低アルコールボトル、ジン&トニック缶など、バラエティが豊かになっています。
日本では、そのバランスの取れた味わいから、カクテルのベースとして重宝されています。


Amazonで「ビーフィーター」を見てみる

4. タンカレー / Tanqueray

タンカレー ロンドン ドライジンのボトル
売上:410万ケース
産地:イングランド

シェイカー型の緑色のボトルが物語るように「タンカレー」も、バーのシーンで欠かせないジンの一つ。
2019年の年間売上と比較して9%マイナスとなっていますが、他のブランドも大きく売上が落ちているため、昨年に続いて4位をキープしています。
定番商品のロンドンドライジンの他、プレミアムジンの定番「ナンバーテン」も、変わらず高い人気を誇ります。
柑橘が香るドライでシャープな味わいから、マティーニやギムレットなど人気のカクテルに使用するバーテンダーも少なくありません。


Amazonで「タンカレー」を見てみる

3. ボンベイ / Bombay

ブルーが輝くボンベイ・サファイアのボトル
売上:470万ケース
産地:イングランド

日本でも大人気のジン「ボンベイ・サファイア」などを展開するブランド「ボンベイ」が2020年版に続いて3位にランクイン。
ジン業界が低迷していた80年代にリリースされたボンベイ・サファイアは、青く輝く鮮やかなボトルデザインやクリアな香り、そして使用ボタニカルの公開など、当時では斬新な手法で展開され、それまでのジンのイメージを覆し業界に変革をもたらしました。
4大ジン”とも称される、ジンの中では唯一ヴェイパーインフュージョン製法(漬け込みではなく蒸気によってボタニカルの香味を抽出する方法)によって造られており、そのクリーンで爽やかな味わいから、様々な飲み方やカクテルで楽しめるとして、プロアマ問わず人気を集めています。


Amazonで「ボンベイ」を見てみる

2. ゴードン / Gordon’s

ゴードン ジンのボトル
売上:670万ケース
産地:イングランド

「ボンベイ」に大きく差をつけて2位にランクインしたのは「ゴードン」。
リーズナブルな価格も相まって、家庭用としての人気も高いブランドで、だからこそ3位以下のブランドが全て売上を落としている中で、ゴードンは670万ケースを維持しています。
1769年にアレキサンダー・ゴードンが創業したこのブランドは、ジンとしては初めて英国王室御用達の認可を取得するなど、業界の発展やジンの地位向上に大きく貢献。そのチャレンジ精神は今も変わらず、近年リリースしたフレーバージンやジン&トニック缶などのRTD商品はいずれも好調だとされています。



Amazonで「ゴードン」を見てみる

1. ヒネブラ サンミゲル / Ginebra San Miguel

売上:3120万ケース
産地:フィリピン

記事冒頭でもお伝えしたように、2021年版もダントツのトップに輝いたのは、フィリピンの「ヒネブラ サンミゲル」でした。
他のブランドが軒並みコロナの影響に苦しむ中で、こちらのブランドは唯一プラス成長を続けており、昨年対比で8%伸びています。
3120万ケースという驚異的な売上は、ビール市場を除く酒類全体のランキングでは2位を記録しています。
少し意外な結果に感じる方もいるとは思いますが、実はフィリピンはジンの消費量が世界一(※IWSRより)。その同国で最も飲まれているブランドだからこそ圧倒的な売上を誇るのです。
余程のことがない限りは今後もトップであり続けるでしょう。

こちらの記事もおすすめ!
国産クラフトジンの造り手インタビュー記事まとめ
ジン好きが選ぶ、まず味わっておきたい「定番クラフトジン」6選

全国のバーテンダーの人となりを知ろう!
バーテンダーへの8つの質問

ジン・クラフトジンを買うならAmazonがおすすめ!

⇒Amazonのジンストア

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. ザ・ボタニスト、200mlボトルを発売 ザ・ボタニストが200ml瓶を発売!クラフトジンが家でも身近に
  2. ジンとはどんなお酒? ジンとはどんなお酒?誰でも分かるようにシンプル&丁寧に解説してみ…
  3. 話題の造り手による新ジャパニーズ・ティー・ジン「REVIVE from NINJA」が発売! 話題の造り手による新ジャパニーズ・ティー・ジン「REVIVE f…
  4. クラフトドッグズノーズ クラフトジン&ビールで作る「クラフト・ドッグズノーズ」という飲み…
  5. ジン・代表的なボタニカル ジンによく使用されるボタニカル20種まとめ
  6. 日本を代表するクラフトジン・季の美の世界観を堪能できる「季の美 House」が京都にオープン 日本を代表するクラフトジン・季の美の世界観を堪能できる「季の美 …
  7. 祝日本上陸!オーストラリアNO.1クラフトジン「フォーピラーズ」の特徴と魅力をご紹介 祝日本上陸!オーストラリアNO.1クラフトジン「フォーピラーズ」…
  8. ジャパニーズクラフトジン「ROKU」 〜 開発者に聞く誕生までのストーリーと込められた思い ジャパニーズクラフトジン「ROKU」 〜 開発者に聞く、誕生まで…

おすすめ記事

トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選 トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選

その道のトッププロがオススメするカクテル、飲んでみたくありませんか?アメリカを中心に、“美酒…

“クラフトジン”徹底解説 〜 本当の意味と、これまでの経緯と人気の理由 “クラフトジン”徹底解説 〜 クラフトの本当の意味と、これまでの経緯と人気の理由

あなたは“クラフトジン”の本当の意味、ご存じですか?昨今、日本を含め世界中で人気を集める“ク…

クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント

一つの大きなムーブメントが巻き起こる時、そこには必ず何かきっかけとなる出来事があるもの。今、…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP