クラフトジンを楽しむために知っておきたい“ジンの定番の飲み方”4選

クラフトジンを楽しむために知っておきたい“ジンの定番の飲み方”4選

近年クラフトジンが大注目を浴びるなど世界的なムーブメントとなっているジン。
ここ日本でもジンの人気が急上昇しており、それを楽しむ上で不可欠な飲み方などの情報へのニーズも高まっています。

そこで今回は、専門書籍への執筆協力やイベント運営に携わるなどジンを専門分野としてきた筆者が、ジンを美味しく味わうために、まずは知っておきたい定番の飲み方をピックアップしご紹介。
ぜひそれぞれ試してみてください。

1. ジン&トニック

タイムを加えるジン&トニック

タイムを加えたジン&トニック

最も人気のあるジンの飲み方の一つが、きっと知らない方はいないであろうジン&トニック。
ジンをトニックウォーターで割るだけというシンプルな飲み方ながら、心がリフレッシュされるようなハーブ&スパイスが香る爽やかな味わいは飲み手を選ばない傾向にあります。
昼間からテラスでカジュアルにも、バーでちょっぴりフォーマルにも味わうことができる飲み方で、ジンの本場イギリスではジン消費量のうち7割がジン&トニックとして消費されているのだとか。そのため、造り手はジン&トニックで飲まれることを考慮してジンを製造していることがほとんどです。
近年はライムを搾らないジン&トニックが人気を呼んだり、ローズマリーやタイムなどのハーブやフルーツを加えるスタイルも人気を呼んでおり、飲み手の好みにアレンジできるのは大きな魅力と言えるでしょう。
クラフトジンに合わせるなら、人工香料・甘味料不使用の甘さ控えめのプレミアム系のトニックがオススメ。そのレシピは、ジン1/4、トニック3/4が黄金比とされています。

2. ソーダ割り

ジンのソーダ割り

ウイスキーやテキーラなどと同じように、ジンもソーダ割りは人気の飲み方です。
ソーダ割りはジン&トニックと異なり、基本的に甘みがないため、より爽やかにジンを堪能できます。ソーダならコンビニでも入手できるため自宅でもかなり簡単に試せる飲み方である他、ジンもソーダも糖分はゼロ。よりヘルシーにジンを楽しみたい方にはピッタリです。
ライムを搾り落としてジンリッキーとして味わうのも、ソーダと同量のトニックを加えてソニックスタイルで味わうのも良いでしょう。
レシピは基本的に飲み手の自由ですが、薄めに作れば食中酒として料理に合わせやすくなり、少し濃いめに作ればジンの風味をより堪能できます。

3. オンザロック / ストレート

ジンのストレート

ジンももちろん、オンザロックやストレートでも楽しむことができます。
個性豊かなクラフトジンが登場するようになったことで、従来のドライなジンばかりではなく、口当たりがまろやかなタイプや味がしっかりしたジンも流通するようになり、オンザロックやストレートはより魅力的な飲み方になってきています。
40度前後とアルコール度数は高めですが、ストレートは素のままのジンの香りを楽しむことができ、ジンを深く堪能したいときはまずストレートで味わってみて、その後、オンザロックにするなり、ジン&トニックにするなりして楽しむと良いでしょう。
オンザロックの場合、氷を加えることでアルコールの刺激を感じにくくなるのと同時に、香りと味の感じ方も変化。氷が溶け出していくことで変化していく香りも楽しめます。

4. カクテル

ネグローニ

熱狂的な人気を誇るネグローニ

4大スピリッツに数えられるジンは、カクテルベースとしてとても人気があります。
定番カクテルのマティーニは、昔も今もジンの粋な楽しみ方して不動の人気があり、ドライでキリリとして味わいを堪能できます。
また近年は、同じくジンの定番カクテルであるネグローニが熱狂的な人気を博しており、英Drinks Internationalが発表する世界の人気カクテルランキングでは、マティーニをも上回る2位を6年連続で獲得しています。
そんなネグローニは全てハーブ系のお酒を使用するのが特徴で、その華やかな香りとともに甘苦い独自の味わいを堪能できます。
その他、ライムの酸味が効いたフレッシュな味わいが魅力のギムレットや、近年人気急上昇中のバジルを使ったサラダのようなカクテル、ジンバジルスマッシュもオススメです。

ジンカクテルについて詳しくはこちら
“今味わっておきたい”世界が注目するジン・カクテル 5選
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 自分好みにブレンドやカスタマイズできる国産クラフトジン「TATEYAMA GIN」をご存じ? 自分好みにブレンドやカスタマイズできる国産クラフトジン「TATE…
  2. 世界一のジントニック?北欧のジン「キュロ」についてアンバサダーに聞いてみた サウナで生まれたジン?北欧のジン「キュロ」についてアンバサダーに…
  3. 世界から称賛される台湾のウイスキーメーカー「カバラン」から、トロピカルなジンが発売! 世界から称賛される台湾のウイスキーメーカー「カバラン」から、トロ…
  4. コロナ禍で発生した余剰ビールをジンとして再生!「REVIVE」が9/1に発売! コロナ禍で発生した余剰ビールをジンとして再生!「REVIVE」が…
  5. ジャパニーズクラフトジン・特徴と魅力 流行りのお酒「ジャパニーズクラフトジン」特徴から“魅力”をひも解…
  6. “クラフトジン”徹底解説 〜 本当の意味と、これまでの経緯と人気の理由 “クラフトジン”徹底解説 〜 クラフトの本当の意味と、これまでの…
  7. クラフトジン・おすすめの飲み方 家飲みでもイケる!クラフトジンおすすめの飲み方まとめ
  8. ジュニパーベリーとは ジンの原料?ジュニパーベリーってどんなもの?

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP