世界的バーテンダーに聞く、日本独自のプレミアムトニック「kizashi」の魅力とは?

鹿山さんにオススメのカクテルと飲み方を聞いた

鹿山さんにオススメのカクテルと飲み方を聞いた

トッププロがオススメするkizashiのカクテルと家での楽しみ方

— 実際にお店ではどのようにkizashiを使っているのでしょうか?
鹿山: 主にジン&トニックですが、ブラウン系のスピリッツと相性が良くて、例えばジャパニーズウイスキーとkizashiを合わせたカクテル「モルトビターサワー」も提供しています。
トニックってスプモーニやパロマなど、グレープフルーツと合わせることが多いんですが、 kizashiはオレンジと親和性が高いと思っています。
それに加えて、よくおすすめしているカクテルが「ジン・オールドファッションド」。トニックを割材としてではなく、いわゆるビターズの代わりとして使っても面白いと思っていまして…そもそもオールドファッションドはビターズによって味が締まるんですが、トニックも同じ苦味を持つんですよ。
ジン・オールドファッションドは、ジン&トニックのレシピ配分を逆転させたようなものであり、どのジンにも合います。ジンの味が活きつつも、ちゃんとトニックの苦味・酸味も効いた、素材が活きるカクテルだと思っています。

「モルトビターサワー」レシピ:モルトウイスキー30ml、オレンジジュース45ml、kizashi50ml

「モルトビターサワー」レシピ:ウイスキー30ml、オレンジジュース45ml、kizashi50ml

「ジン・オールドファッションド」レシピ:ジン45ml、kizashi20ml、オレンジスライス1枚、キューブシュガー1個 (グラスにkizashi、オレンジスライス、キューブシュガーを入れてマドルし、ジンと氷を注ぎ入れかき混ぜる)

「ジン・オールドファッションド」レシピ:ジン45ml、kizashi20ml、オレンジスライス1枚、キューブシュガー1個 (グラスにkizashi、オレンジスライス、キューブシュガーを入れてマドルし、ジンと氷を注ぎ入れかき混ぜる)

— ジンの割材として使う場合、どのようなタイプのジンと相性が良いですか?
鹿山: どちらかというと、華やかなタイプよりは、重厚感があるウッディ系のジンと合うかなと個人的には思います。
例えば赤エゾマツを軸とした積丹ジン「KIBOU -きぼう」ですとか、キハダと似た世界観を持つクロモジを軸とした「香の森」など。キハダも木ですから、やはりウッディなジンとは親和性が高いと思いますね。

— もしも家でkizashiを楽しむとしたらどのような飲み方がオススメですか?
鹿山: まずはやはりジン&トニック。kizashiにはすでに柑橘が入っているからライムとか入れずに、簡単かつカジュアルに楽しんでみてほしいですね。
それから、これから冬に入りますし、kizashiを温めた「ホットkizashiトニック」もオススメです。炭酸だから温めちゃいけないと思うかもしれないですけど、kizashiをそのまま鍋に入れて温めてみてください。鍋を揺らさなければ意外と炭酸は残るんですよ。
温めるときに生姜のスライスやシナモンスティックを入れてみても良いですし、ただ温めるだけで完成です。もちろんそれに少量お酒を加えてもOKです。簡単に自宅でできるホットカクテルになりますよ。

— ノンアルコールカクテルやモクテルのような楽しみ方はありますか?
鹿山: すごく簡単なんですけど、オレンジジュースとkizashiを割っただけで、簡単かつ美味しいノンアルコールカクテルになります。
最近モクテルが流行っていますが、モクテルってお酒に似せるために苦味系の素材を結構使うんですよ。その中でkizashiは活用できますし良い素材だと思いますね。

— kizashi の今後の展望を教えてください。
鹿山: 「日本から世界へ」ですね。
現状は日本だけでの展開ですが、海外で活躍している日本人バーテンダーを軸にkizashiを紹介している最中でして、徐々に海外でも広げていけたらと思っています。

日和: 私たちとしては、日本のクラフトジン&トニックを世界に向けて発信することに使っていただきたいですね。
ジャパニーズジンが世界に羽ばたいている中で、是非とも国産の和のボタニカルの、香料なども使ってないナチュラルな世界観をその割り材として使っていただきたいです。
それから、バーにとってトニックは身近なものであると思っていまして、その中でバリュエーションの一つとして1本でも2本でも置いていただけるようになると嬉しいですね。

— 最後に、鹿山さんにとってトニックとはどんなものでしょうか?
鹿山: 20歳のときからバーテンダーを始めて、トニックは常に当たり前のようにありました。
バーで最も使う服材料でしょうし、バーにとって絶対ないといけない、だから僕は、バーテンダーをやってきた中で当たり前のようにありすぎて、気付きませんでした。それだけ自分とってトニックは近い存在であり、いつでも一緒だったんです。

— ありがとうございました!

Bar Benfiddichでは、鹿山さん自ら育てたボタニカルなどをカクテルに用いる「Farm to glass」を実践している

Bar Benfiddichでは、鹿山さん自ら育てたボタニカルなどをカクテルに用いる「Farm to glass」を実践している

詳細

【kizashi】
容量:240ml
希望価格:オープン価格
HP: https://hiyori-corp.com/
購入先:武蔵屋Amazon

【Bar Benfiddich】
住所:東京都新宿区西新宿1-13-7 大和家ビル9F
営業:18:00〜3:00 日曜定休
HP: https://www.facebook.com/BarBenfiddich

固定ページ:
1

2

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外では大人気カクテルだった… 定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外で…
  2. ジャパニーズクラフトジン・特徴と魅力 流行りのお酒「ジャパニーズクラフトジン」特徴から“魅力”をひも解…
  3. 話題のブティックホテルでハイセンスなカクテルを堪能!「エースホテル京都」訪問レポート 話題のブティックホテルでハイセンスなカクテルを堪能!「エースホテ…
  4. 2020年、LiquorPageで最も読まれた記事は?TOP5を発表! 2020年、LiquorPageで最も読まれた記事は?閲覧数ラン…
  5. クラフトカクテルの祭典「東京カクテル 7 デイズ 2020」の開催が決定!10/1-31まで新たな形で開催 クラフトカクテルの祭典「東京カクテル 7 デイズ 2020」…
  6. バーで飲みたいウイスキーカクテル ウイスキーカクテル 〜 バーで飲みたい本格カクテル8選
  7. 日本初のジンのブランドハウス「季の美ハウス」訪問レポート 日本初のジンのブランドハウス「季の美ハウス」訪問レポート
  8. クラフトジンで有名なお店・グッドミールズショップ クラフトジンで有名な「グッドミールズショップ」に行ってきた

おすすめ記事

トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選 トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選

その道のトッププロがオススメするカクテル、飲んでみたくありませんか?アメリカを中心に、“美酒…

“クラフトジン”徹底解説 〜 本当の意味と、これまでの経緯と人気の理由 “クラフトジン”徹底解説 〜 クラフトの本当の意味と、これまでの経緯と人気の理由

あなたは“クラフトジン”の本当の意味、ご存じですか?昨今、日本を含め世界中で人気を集める“ク…

クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント

一つの大きなムーブメントが巻き起こる時、そこには必ず何かきっかけとなる出来事があるもの。今、…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP