自分好みにブレンドやカスタマイズできる国産クラフトジン「TATEYAMA GIN」をご存じ?

自分好みにブレンドやカスタマイズできる国産クラフトジン「TATEYAMA GIN」をご存じ?

飲み手が自由にブレンドすることに特化したクラフトジン…ジンラバーなら気になりませんか?

ジュニパーベリーを軸に、ハーブやスパイスなど複数のボタニカルを用いて造られるお酒、ジン。当然のことながら普段私たちが飲んでいるのは、造り手のこだわりのレシピによって造られた味が完成されたジンです。
そんな中6/28に新発売されたのが、あえて1種類のボタニカルごとに1本の商品として瓶詰めし、自分なりのレシピの作成やブレンドを楽しめるように設計された国産クラフトジン「TATEYAMA GIN」です。
本来ジンのレシピ作成やブレンドといえば、特殊な技術を持った者のみに許される大切な工程。「TATEYAMA GIN」なら、その工程を擬似体験でき、自分好みのオリジナルレシピを作成できるかも…?

DIY文化が発達する千葉・館山にちなんだカスタマイズできるクラフトジン

「TATEYAMA GIN」を手がけるのは、千葉・館山に拠点を置く「TATEYAMA BREWING inc.」。
館山市内にあるカフェ&バー、ゲストハウス、シェアオフィスを展開する複合施設「TAIL」のカフェ&バーに併設された蒸溜所にて「TATEYAMA GIN」は造られています。

「TATEYAMA GIN」が造られる「TAIL」

「TATEYAMA GIN」が造られる「TAIL」

同社の代表である大田聡さんは、「館山はDIY文化がすごく発達している」とし、「DIY文化が発達している館山だからこそ、自分で作ること自体の体験価値を大きくしたい」との思いから、産地の特産品を使用する多くの国産クラフトジンとは違う方法でローカルさを表現し、カスタマイズやブレンドといった、いわばDIYを前提としたタイプのジンを発案。
また、その企画制作を担当した、東京・代々木上原でクリエイティブオフィス&カフェバー「No.(ナンバー)」を運営しながら、ジンのプロジェクトにも複数携わった実績を持つクリエイティブチーム「301.inc」の大谷省悟さんは「TATEYAMA GINの表現の形態として、“ラボ” や “実験” をコンセプトにしています。完成した味をただ売るだけじゃなくて、選択肢を持たせたかった」と語り、だからこそあえて複数のボタニカルで風味付けせず、1種類のボタニカルごとに蒸溜することで素材由来の風味に特化した「TATEYAMA GIN エレメントシリーズ」が誕生したのだそうです。

「TATEYAMA GIN」をブレンドしている様子

カスタマイズやブレンドは、DIY的思考が浸透している館山にちなんだ発想

そのラインナップは、ジンに欠かせないジュニパーベリーはもちろん、世界中のジンに多用されているアンジェリカやコリアンダー、レモンピールなどのほか、山椒やクロモジ、煎茶など日本らしい素材も含む合計19種類で展開。レシピやブレンド次第では、世界の主流であるロンドンドライジンのようなタイプから、日本で人気の和素材香るジンも作成できるようになっており、ジンラバーには嬉しい構成となっています。
このような飲み手がブレンドを楽しむことに特化したジンは、イギリスなどジンの文化が広く浸透している海外諸国では前例があったものの、日本ではほぼ前例のない新しいタイプのジンと言えるでしょう。

エレメントシリーズ

19種類で展開されるエレメントシリーズ

一方で、造り手によってあらかじめブレンドされた、味が完成された「ブレンドシリーズ」も同時展開。まずはフローラルでフルーティーな味わいにブレンドされた「001」から発売し、シリーズとして以後新たなブレンドのボトルが製造されていくそうです。
「ブレンドシリーズ」をお手本にしながら、様々な「エレメントシリーズ」を用いて、“実験”のようにオリジナルレシピをどんどん考案していくのも良いかもしれません。

「TATEYAMA GIN」詳細

【素材を単品蒸留する「エレメントシリーズ」】
19種類の素材(エレメント)をそれぞれ単品で蒸留して作られるジン。季節に合わせた旬の素材がラインナップ。
また購入者がそれぞれの蒸留酒を自由にセレクトし、好きな分量を入れてブレンドしながら自分だけのカスタマイズブレンドを作ることもできる。

1.ジュニパーベリー / 2.アンジェリカルート / 3.リコリス / 4.コリアンダー / 5.カルダモン / 6.クローブ / 7.シナモン / 8.ブラックペッパー / 9.ジンジャー / 10.山椒 / 11.クロモジ / 12.煎茶 / 13.アールグレイ / 14.レモンピール / 15.オレンジピール / 16.レモングラス / 17.カモミール / 18.キャラウェイ / 19.タイム

「TATEYAMA GIN」エレメントシリーズ
容量: 200ml
度数: 40%
価格: 各1,980〜2,090円
販売: 6/28より公式オンラインストア、TAIL 1F カフェ&バーで販売

【エレメントシリーズをブレンドして作られる「ブレンドシリーズ」】
“JUNIPER” “SPICY” “FLORAL” “FRUITY” ”SPECIAL”の5つのパラメーターによってテイストが表現される。オリジナルブレンド「001」は“FLORAL” “FRUITY” が強調され、初心者でも飲みやすいテイストにブレンド。「002」以降も順次製造予定。

「TATEYAMA GIN」ブレンドシリーズ オリジナルブレンド「001」
オリジナルブレンド「001」
容量: 200ml
度数: 40%
価格: 2,200円(税込)
販売: 6/28より公式オンラインストア、TAIL 1F カフェ&バーで販売
※ジュニパーベリー、コリアンダーなど7種類をブレンド

「TATEYAMA GIN」が買えるサイトはこちら
TATEYAMA BREWING オンラインストア
「TAIL」について詳しくはこちら
TAIL 公式HP
こちらの記事もおすすめ!
国産クラフトジンの造り手インタビュー記事まとめ
ジン好きが選ぶ、まず味わっておきたい「定番クラフトジン」6選

全国のバーテンダーの人となりを知ろう!
バーテンダーへの8つの質問

ジン・クラフトジンを買うならAmazonがおすすめ!

⇒Amazonのジンストア

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. ジンとはどんなお酒? ジンとはどんなお酒?誰でも分かるようにシンプル&丁寧に解説してみ…
  2. 造り手に聞く - レストラン蒸溜所で造られる日本初のジン「NUMBER EIGHT GIN」開発秘話 造り手に聞く – レストラン蒸溜所で造られる日本初の…
  3. 京都から世界に羽ばたくジン「季の美」はいかに造られているのか?京都蒸溜所取材レポート 世界に羽ばたくジン「季の美」はいかに造られているのか?京都蒸溜所…
  4. 季のTEA(KI NO TEA)・特徴と魅力 季の美のお茶香る限定クラフトジン「季のTEA」の魅力に迫る
  5. カジュアルにジン&トニックを楽しめる!日本初のジン&トニック専門店「Antonic」が中目黒にオープン! カジュアルにジン&トニックを楽しめる!日本初のジン&#…
  6. たった1つこだわるだけでジン&トニックが“劇的に美味しく”なる? たった1つこだわるだけでジン&トニックが“劇的に美味し…
  7. ジャパニーズクラフトジンセミナー ジャパニーズクラフトジンのセミナーが2/24に渋谷で開催!
  8. ジンBARと国産ジンの造り手がコラボ!健康に着目したクラフトジン「”99” SiCX feat.YASO」が発売 ジンBARと国産ジンの造り手がコラボ!健康に着目したクラフトジン…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP