3Mと呼ばれる森伊蔵、魔王、村尾は本当においしいのか?

森伊蔵、魔王、村尾

森伊蔵、魔王、そして村尾は、焼酎好きでなくとも一度は聞いたことがある銘柄ではないでしょうか?
これら3銘柄の頭文字をとって3Mとも呼ばれていますね。

プレミア価格になるほどの人気ぶりですが、果たしてこれら3銘柄は本当においしいのか?
そしてなぜあんなに値段が高いのか?

本記事では、これらの疑問について、焼酎初心者の方でも分かりやすいように解説していきます。

スポンサーリンク

森伊蔵や魔王はおいしくないと言われることもあるが…

3Mと呼ばれる森伊蔵、魔王、村尾は「おいしくない」と言われることも少なからずあります。

しかし、実際に飲んでみると3つの銘柄はどれもおいしいと言える味わいです。(筆者の主観ですが)
3銘柄それぞれ味のタイプは異なりますが、いずれも一般的な焼酎と比べると完成度が高いです。
森伊蔵はバランス、魔王は飲みやすさ、村尾は芋らしさという点で特に優れています。
少なくとも筆者は、3M銘柄の味や質について疑問に思ったことはありません。

ただ、プレミアがついた値段が相応か問われるとちょっと微妙かもしれません。
おいしいのはおいしいのですが、さすがに高すぎます。
森伊蔵に至っては、2万円以上で売られていますからね。

そもそもなぜあんなに高いのか?

実は3Mの本来の販売価格は、いずれも一升瓶で3,000円程度と一般的な焼酎と変わりません。
それがなぜ1〜2万円ものプレミア価格になってしまうかというと、結局のところその値段でも買われていくからです。

森伊蔵、魔王、村尾、いずれも造りに対するこだわりが強く生産量は多くありません。
それにも関わらず、人気がありすぎるのですね。
需要と供給のバランスが崩れ、圧倒的に需要がまさってしまっているわけです。

焼酎に限らずですが、需要の方が圧倒的にまさっているものは値段が高くなります。
絵画やコンサートチケットなんかが良い例ですね。

ただ、3Mの場合、本来の販売価格はいずれも3,000円程度です。
蔵元はその価格の想定で酒屋に卸してますから、どこかの業者が転売によって多大な利益を上げていることになります。
このような現状は決して良いことではありません。
しかし、販売者が「売れる価格」で売るのは経済活動においては当然のことですし仕方のないことだと思います。

ちなみに…
3Mの銘柄を定価で手にいれる方法はもちろんあります。
それぞれのホームページや正規取扱店舗にて、抽選販売をやっているのでそれに当選すれば定価で購入できます。

おいしいから人気がでる、人気がでると批判されやすい

上記のようにプレミア価格になるほど人気の3Mの銘柄ですが、そこまで人気が高まったのは、そもそも「おいしいから」です。
多数の人がおいしいと感じるような味でなければ人気はでませんし、それは長続きしません。

ただ、なんでもそうですが、人気があるものほど賛否が分かれやすい傾向がありますよね?
そのため「森伊蔵はおいしくない」「魔王は芋焼酎らしくない」と批判的な意見も聞かれるようになっているのだと思います。
万人がおいしいと思うのは無理でしょうから、それは仕方のないことだと思います。
(日本人は目立つものを批判したがる傾向がありますしね…)

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?
何かと批判的な意見も聞かれる、森伊蔵、魔王、村尾の3銘柄ですが、味は普通においしいです。(決して”まずい”と思えるような味ではありません)
ぜひ一度試してみてください。

特に魔王は芋焼酎が苦手な方でも親しめる味です。
より芋らしさを求めるなら森伊蔵、村尾もおすすめです。

自分で買うとなると、プレミア価格か抽選になるので中々難しいですが、飲食店で一杯程度なら気軽に楽しめますよ。

それではこの辺で。
以上、「3Mと呼ばれる森伊蔵、魔王、村尾は本当においしいのか?」でした。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

LiquorPage運営者。様々な業態のバーテンダー経験からジンやウイスキー、日本酒や焼酎など幅広い知識を持つ。

関連記事

  1. 黒麹の芋焼酎・厳選6選 黒麹の芋焼酎をリストアップ!オススメ銘柄厳選6選
  2. キンミヤ焼酎・その魅力とは ホッピーの定番焼酎「キンミヤ」はなぜ人気?その魅力に迫る
  3. 減圧蒸留・常圧蒸留 焼酎でよく見る「減圧蒸留」と「常圧蒸留」の違いって何?
  4. 芋焼酎、麦焼酎、米焼酎 芋焼酎、麦焼酎、米焼酎の違いと特徴をざっくり説明!
  5. 黄麹の芋焼酎・厳選4選 黄麹の芋焼酎をリストアップ!オススメ銘柄厳選4選
  6. 泡盛の定義 実は誤解が多い?泡盛の定義について簡単にまとめてみた
  7. 白麹の芋焼酎・30銘柄まとめ 白麹の芋焼酎【30銘柄】を基本情報や特徴とともにご紹介
  8. 魔王・村尾・森伊蔵 魔王・村尾・森伊蔵は定価以上の価格でも買うに値するのか?

新着記事

  1. 京都産クラフトジン“季の美”の世界観を堪能できる“町家バー”を体験
  2. 気軽に超本格的なカクテルを体験!“東京カクテル7デイズ”をレポート
  3. 来場者3500人の大盛況!写真で振り返る「GINfest.TOKYO 2018」
  4. Whisky Festival 2018 in大阪が6/3(日)に開催!国内最大級のウイスキーの祭典!
  5. ALTOS BANDERA Competition
PAGE TOP