プレミアムテキーラはショットグラスではなく専用グラスで飲むべき?

プレミアムテキーラの専用グラス

ここ数年テキーラは「こだわりがいがあるお酒」「味わって飲むお酒」として少しずつ認知されてきています。

みなさんはテキーラは、どのようなグラスで飲んでいるでしょうか?
テキーラの定番といえば、やはりショットグラス
そもそもテキーラはショットグラスで飲むもの、と思っている人も多いかもしれません。

しかし実は、テキーラの中でも、いわゆるプレミアムテキーラにおいてはショットグラスではなく、専用のグラスで味わった方が良いかもしれません。
本記事ではそのワケと、専用グラスがどのようなものなのか解説していきます。

スポンサーリンク

プレミアムテキーラはショットグラスで飲むべきではない?

(ブランドにこだわらずに飲むような)一般的な安価なテキーラは、パーティードリンクとしてショットグラスで飲むのが定番でしょう。
しかし、近頃人気上昇中の少し高価なプレミアムテキーラにおいては、専用のグラスを使用した方がその良さを堪能できます。

「専用グラスとはどんなもの?」
と思うかもしれませんが、まずはその前にプレミアムテキーラの基本情報をおさらいしながら、なぜ専用グラスの方が良いのか見ていきましょう。

そもそもプレミアムテキーラとは?

プレミアムテキーラとは、アガベ100%テキーラをこと。アガベとはテキーラの主原料となる多肉植物(リュウゼツランの一種)です。
一般的な安価なテキーラでは、このアガベの他に糖蜜などの原料も混ぜて造られるのですが、アガベ100%テキーラでは、その名のとおりアガベのみ使用して造られます。

単一の原料から造られるプレミアムテキーラは、雑味が少なく飲みやすいだけでなく、こだわりの造りによって香り・味の甘みや複雑さが増しており、味わい深いのが特徴。
ウイスキーやブランデーなどと同じように、香りを堪能し、しっかり味わうことに特化しているテキーラなのです。

ショットグラスでは香りを堪能できない

テキーラはショットグラスが定番だが…

ショットグラスでは香りを十分に堪能できない。

さて、プレミアムテキーラについてわかったところで「ではショットグラスで飲むべきではないのか」という点が気になることでしょう。

テキーラの定番グラスとして定着しているショットグラスですが、実は香りを堪能できるような形状にはなっていません
基本的にストレート型なので、香りが引き立ちやすいとはいえない形状なのです。

先ほど、プレミアムテキーラはウイスキーやブランデーと似たように、香りと味が複雑だとご紹介しました。
ウイスキーやブランデーは、しばしば丸みを帯びたチューリップ型のグラス(要するに小型のワイングラス)で飲まれます。
チューリップ型のグラスは、より香りが引き立つような形状となっており、これらのお酒に適しているからです。

つまりは、ウイスキーやブランデーでは専用のグラスが使用されるのですから、プレミアムテキーラも専用のグラスを使用した方が良い、というワケです。

テキーラをしっかり味わうために作られた専用グラスがある

ウイスキーやブランデーに専用のグラスがあるのはよく知られていますが、実は、テキーラにも専用のものがあります。
当たり前ですが、テキーラの香りや味を最大限に堪能できるよう作られた、テキーラのためのグラスです。

いくつかの有力メーカーがリリースしていますが、中でも代表的なのがリーデル製のもの
リーデルといえば、オーストリアの超有名老舗グラスメーカーですが、見た目の美しさはさることながら、機能性も抜群であることで知られています。

こちらのテキーラグラスも例に漏れず、見た目が美しく、丸みを帯びた形状で香りが引き立つようになっています。
しかもテキーラ規制委員会(CRT)から、公認グラスとしても認められているもので、正真正銘のテキーラ専用グラスなのです。(しかもリーデルにしては安価)

専用グラスで飲むことのもう一つのメリット

専用グラスで飲むことのメリットは、香りや味を堪能できるだけではありません。
普通とは違う特別なグラスで飲むことで、やはり気分が違い、満足感が高まります

リーデル以外のグラスもオススメ

リーデルのほかにもプレミアムテキーラに適したグラスはあります。
ロブマイヤーなど超高級メーカーも手がけていますが、高級である必要はなく、同様の形状であればウイスキー用のものを代用できます

こちらのテイスティンググラスは値段も手頃でオススメです。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで主に、プレミアムテキーラの専用グラスについて、そしてそれを使用するメリットについて解説してきました。

最後に、ここまでをざっくりまとめると…

  • プレミアムテキーラは香り・味の甘みや複雑さが魅力。
  • ショットグラスでは香りが引き立ちにくい。
  • チューリップ型のグラスを使用することで香りが引き立ち、プレミアムテキーラの魅力をより堪能できる。

飲み方の好みは人それぞれですから、必ずしも専用グラスで飲むべきとは言えません。
しかし、プレミアムテキーラともなると嗜好性は高くなりますから、グラスにもこだわり、嗜好性をさらに高めることでより満足感を得られるのは間違いないでしょう。
ぜひ一度試してみてください。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

LiquorPage運営者。様々な業態のバーテンダー経験からジンやウイスキー、日本酒や焼酎など幅広い知識を持つ。

関連記事

  1. テキーラ・産地の違い テキーラにも「産地の違い」があるって知ってた?初心者向けに解説!…
  2. テキーラのRTD、ついに登場 ついにテキーラのRTD「サウザクーラー」が登場!よりテキーラが身…
  3. マルガリータ・レシピと作り方 自宅で作れる?テキーラカクテル「マルガリータ」レシピと作り方
  4. アネホテキーラ厳選6選 おすすめのテキーラ厳選6選【アネホ編】
  5. テキーラの産地・メキシコはどんな国? テキーラの産地・メキシコってどんな国?特徴・魅力をざっくりご紹介…
  6. プレミアムテキーラ・悪酔いしにくい? プレミアムテキーラが悪酔い・二日酔いになりにくいのは本当?
  7. テキーラのタブロイド紙「テキーラジャーナル」 テキーラのタブロイド紙「テキーラジャーナル」でHOTな情報を手に…
  8. テキーラはサボテンのお酒ではない なぜテキーラは「サボテンのお酒」と誤解されるのか?

おすすめ記事

京都産クラフトジン“季の美”の世界観を堪能できる“町家バー”を体験 京都産クラフトジン“季の美”の世界観を堪能できる“町家バー”を体験してきた!

京都らしさにこだわった話題のクラフトジン、季の美。その世界観が表現された“町家バー”が、5/12…

来場者3500人の大盛況!写真で振り返る「GINfest.TOKYO 2018」 来場者3500人の大盛況!写真で振り返る「GINfest.TOKYO 2018」

世界的なブームに後押しされ、日本でも盛り上がりつつあるお酒、ジン。そのジンの大規模イベントであり…

写真多数掲載!東京インターナショナル・バーショー2018〜レポート

ここ数年、今まで決してメジャーではなかったお酒にも注目が集まるようになり、大小さまざまなイベントが開…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP