おすすめの超高級テキーラ8選!贈り物にも最適!

超高級テキーラ・おすすめ8選

テキーラが「セレブのお酒」だということは皆さんご存知でしょうか?
実はテキーラは、アメリカのセレブ達に愛され、自らテキーラを手がけるスターが続出するほどの支持を受けることから、アメリカではセレブのお酒として親しまれています。

セレブのお酒と言われるだけあって、高級なテキーラは山ほどあり、なかには5万円を超えるものも。
そういった超高級テキーラが今、テキーラの人気度UPとともに注目されるようになってきています。

そこで本記事では、超高級テキーラのなかでも、筆者がおすすめだと思う銘柄を8つピックアップし、おすすめのポイントとともにご紹介していきます。
ピックアップした銘柄は、もちろん全てアガベ100%のプレミアムテキーラです。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

クエルボ・レゼルバ・デ・ラ・ファミリア

特定名称:エクストラ・アネホ
産地:ハリスコ州バジェス地方

クエルボ・レゼルバ・デ・ラ・ファミリア(通称ファミリア)は、世界一売れているテキーラブランドである「クエルボ」(※2015年、IWSRより)の最高級シリーズ。
クエルボ創業200周年を記念して1995年に発売されたシリーズで、毎年、生産された年をラベルに記してリリースされています。
その造りは、最低でも3年以上樽熟成させ、さらには30年もの長期熟成原酒を一部ブレンドした、エクストラ・アネホ。
原料のアガベは、10年以上栽培させた糖度が高いものを使用しています。

超有名銘柄クエルボの最高級品とあって、高級テキーラの代名詞的な存在で、今も高い人気を誇ります。
味わいは、高級ウイスキーのようなバニラの香りや複雑な甘み、そして全くカドを感じないスムースな味わいとなっています。

エクストラ・アネホなど、特定名称についてはこちらで解説しています。
テキーラのブランコ、レポサド、アネホの違いを徹底解説!

グランパトロン・プラチナ

特定名称:シルバー(ブランコ)
産地:ハリスコ州ロスアルトス地方

グランパトロン・プラチナは、人気プレミアムテキーラ「パトロン」の最高級シリーズ「グランパトロン」のシルバーテキーラ。
より樽熟成期間が長いほど高価になるため、最高級テキーラは長期熟成したエクストラ・アネホがほとんど。
しかし、グランパトロン・プラチナはごく短期間熟成させたシルバータイプで、かなり貴重な高級シルバーテキーラ。もちろんテキーラが透明な色合いとなっています。

10年以上栽培させた最高級の大型アガベを使用し、蒸留は3回。(多くのテキーラは2回蒸留)
こうすることで、ピュアで雑味のないテキーラが出来上がり、その味わいは、パトロンの代名詞とも言える「蜂蜜」のような複雑な甘みをもったものとなっています。
さらにボトルにはクリスタルグラスを使用し、美しい輝きを放つボトルは、まさにセレブのお酒といったところ。

ドンフリオ1942

特定名称:アネホ
産地:ハリスコ州ロスアルトス地方

ドンフリオ1942は、テキーラ界の伝説の男「フリオ・ゴンザレス」が手がけた超有名プレミアムテキーラ「ドンフリオ」の高級シリーズ。
ドンフリオでは、アガベの栽培の際に、あえてアガベの間隔を広くあけて植えられており、これによりアガベがよく育ち、上質なアガベとなっています。
このアガベを使用し、約30ヶ月樽熟成(約2年半)させたのが1942。

ボトルは、テキーラには珍しい細長く背が高いタワーのような形状をしており、そのいでたちは実にエレガント。(収納にしづらくお店泣かせのテキーラでもある)
映画「ソーシャル・ネットワーク」にてジャスティン・ティンバーレイクが「成功者のお酒」として紹介しているシーンがあるなど、こちらも高級テキーラの超人気銘柄です。
その味わいは、極めてスムースでチョコやバニラの香味が強く、かなり飲みやすいものとなっています。

ちなみに、そう気軽に飲めるものではありませんが、筆者が一番好きなテキーラでもあります。

エスペラント アネホ

特定名称:アネホ
産地:ハリスコ州ロスアルトス地方

エスペラントは、ジョージ・クルーニーのテキーラなどを手がける「フィノス・デ・アガベ蒸留所」で生産される高級テキーラシリーズ。
全世界共通語として発明された「エスペラント語」のように、世界共通で理解されてほしいという思いから、そう名付けられたとされています。

その造りは、バーボン樽とポートワイン樽にて計2年11ヶ月もの長期熟成を経た、とても贅沢な造り。
その美しいボトルは、職人によるハンドメイドの工芸ボトルで、中心部にはガラスのアガベが施されており、ラグジュアリーないでたちとなっています。
味わいは、エレガントでバランスが良く、クセのない飲みやすい味わいとなっています。

なんでも、アメリカのリッツ・カールトンやフォーシーズンズのスイートルームに常備されているとも言われています。(事実かは定かではありません)

カーサミーゴス アネホ

特定名称:アネホ
産地:ハリスコ州ロスアルトス地方

カーサ・ミーゴスは、ジョージ・クルーニーがオーナーであることで有名なプレミアムテキーラ。
前述のエスペラントと同じ蒸留所で造られており、今回ピックアップした銘柄の中では比較的安い方で、1万円を切る値段で購入することができます。
超有名セレブが手がけることで人気を得ている銘柄ではありますが、その造りに対する評価も高く、つい先日には蒸留酒メーカーの世界最大手であるディアジオに買収されました。

その造りは14ヶ月熟成させたアネホで、もちろんレポサドやブランコもありますが、いずれも人気商品となっており、常に品薄状態となっています。
味わいは、なめらかでエレガント、フルーティーで優しい甘みがあります。

エラドゥーラ・セレクシオン・スプレーマ

特定名称:エクストラ・アネホ
産地:ハリスコ州バジェス地方

エラドゥーラ・セレクシオン・スプレーマは、有名プレミアムテキーラである「エラドゥーラ」の最高級ラインナップ
49ヶ月間もの長期熟成させたエクストラ・アネホにあたるテキーラで、メキシコ大統領がゲストに振る舞うお酒としても用いられています。
華やかな香りと辛みの少ない芳醇な甘みが持ち味のテキーラです。

ドンフリオ・レアル

特定名称:エクストラ・アネホ
産地:ハリスコ州ロスアルトス地方

ドンフリオ・レアルは、先ほどご紹介したドンフリオ1942のさらに上をゆく、ドンフリオシリーズの最高峰。
ドンフリオというブランド力、そして国内に流通しているテキーラの中では最も値段が高い部類に入ることから、テキーラ好きなら誰もが憧れる銘柄です。
洗練された華やかなフルーツやバニラの香り、一切の雑味がないスムースな味わいとなっています。

好き嫌いはさておき、筆者がこれまで飲んだテキーラの中では最も質が高いと感じたテキーラです。

クラセ・アズール レポサド

特定名称:レポサド
産地:ハリスコ州ロスアルトス地方

クラセ・アスールは、日本ではあまり流通していないため、それほど知られていない銘柄。
アメリカでは超高級テキーラとして人気を博しており、最高級のエクストラ・アネホはなんと約1800ドル(約20万円)
美しい陶器ボトルに目がいきますが、オーガニックアガベを使用し、バーボン樽やシェリー樽など複数の樽の原酒をブレンドしており、エレガントで複雑な味わいも持ち合わせています。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、筆者がおすすめする高級テキーラを8つご紹介してきました。
いずれもテキーラにおける超高級銘柄となっており、テキーラ好きなら誰もが憧れる銘柄。
また、テキーラ好きの方でなくとも銘柄名自体は聞いたことがあるものがほとんどかと思います。

テキーラは「セレブのお酒」とも言われるほどですから、これらの銘柄は贈り物にも良いでしょう。
もちろん機会があれば、ご自身でも味わってみてください。

それではこの辺で。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

LiquorPage運営者。様々な業態のバーテンダー経験からジンやウイスキー、日本酒や焼酎など幅広い知識を持つ。

関連記事

  1. テキーラ…メキシコでしか造れないもう一つの理由 法律だけじゃない!テキーラがメキシコでしか造れない理由とは?
  2. テキーラの原料 テキーラは意外な「植物」が原料となって作られている
  3. おすすめのシルバーテキーラ おすすめのテキーラ厳選6選【シルバー(ブランコ、プラタ)編】
  4. プレミアムテキーラの専用グラス プレミアムテキーラはショットグラスではなく専用グラスで飲むべき?…
  5. プレミアムテキーラとは ハリウッドで大流行!プレミアムテキーラとはどんなもの?
  6. アネホなのに透明?ドンアグスティン・クリスタルアネホが日本初上陸! アネホなのに透明?ドンアグスティン・クリスタルアネホが日本初上陸…
  7. テキーラの危機 テキーラに危機?米国がメキシコからの輸入品に20%関税方針
  8. テキーラ・産地の違い テキーラにも「産地の違い」があるって知ってた?初心者向けに解説!…

おすすめ記事

京都産クラフトジン“季の美”の世界観を堪能できる“町家バー”を体験 京都産クラフトジン“季の美”の世界観を堪能できる“町家バー”を体験してきた!

京都らしさにこだわった話題のクラフトジン、季の美。その世界観が表現された“町家バー”が、5/12…

来場者3500人の大盛況!写真で振り返る「GINfest.TOKYO 2018」 来場者3500人の大盛況!写真で振り返る「GINfest.TOKYO 2018」

世界的なブームに後押しされ、日本でも盛り上がりつつあるお酒、ジン。そのジンの大規模イベントであり…

写真多数掲載!東京インターナショナル・バーショー2018〜レポート

ここ数年、今まで決してメジャーではなかったお酒にも注目が集まるようになり、大小さまざまなイベントが開…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP