テキーラの飲み方講座〜「ショットで塩&ライム」は間違い?

テキーラのショット&ライム、間違った飲み方?

テキーラといえば、ショット&塩&ライムで、一気にあおって飲むのがテキーラの飲み方だと思っている方が多いでしょう。
しかし最近では、その飲み方は間違い、もしくはよくないとする声も聞かれます。

本当にこの飲み方は間違いなのでしょうか?

本記事では、これまで定番とされてきた「ショットで塩&ライム」という飲み方のちょっとした知識について解説しつつ、もし間違いであればどんな飲み方があるのか等を解説していきます。

スポンサーリンク

テキーラの「ショットで塩&ライム」という飲み方は実は伝統的な飲み方

テキーラのショットとライムと塩

まず先に言っておくと、実はテキーラに「正しい飲み方」があるわけではありません
自分が美味しいと思う飲み方の方がテキーラを楽しめるでしょうし、たとえそれが自己流だったとしても間違いではありません。
これはウイスキーなど他のお酒でも同じことです。

さて、「ショットで塩&ライム」という飲み方ですが、実はこの飲み方はテキーラの本場メキシコでは伝統的な飲み方とされています。
決して間違った飲み方ではないのです。

メキシコでは「カバジート」と呼ばれる縦長のショットグラスを使用し、塩とライムを用いる飲み方が伝統のスタイル。
塩とライムは、塩をトマトやスイカにかけると甘みが引き立つのと同じように、テキーラの甘みを際立たせる、つまりはテキーラを飲みやすくさせる効果があります。
ちなみにライムだけでなく、レモンやオレンジを使用することもあるようです。

飲み方の手順

テキーラの、伝統的だとわかった「ショット&塩&ライム」という飲み方ですが、飲み方の手順を気にされる方が多くいます。
本記事でも少し触れておきましょう。

  1. 手の甲の親指と人差し指の間あたりをライムで濡らし、そこに塩を乗せる
  2. 塩を舐め、塩の味がしているうちにテキーラを飲み干す
  3. テキーラが残っているうちにライムをかじる
  4. 最後また塩を舐める

基本的にはこのような手順ですが、これも「正しい手順」ではありません。
ライムを先にかじっても良いでしょう。
ちなみに、ライムの切り方は自由ですが、くし切りがかじりやすくておすすめです。

最近ではストレートやロックなども一般化しつつある

ウイスキーのようにストレートグラスに注がれたテキーラ

ここまで「ショットで塩&ライム」という飲み方について解説してきましたが、最近ではまた違った飲み方が台頭してきています。
その飲み方は、ウイスキーのようにストレートやロックで「じっくり」味わうという飲み方。

ゆっくり飲んでいたらキツいのではないか?と思ってしまいそうですが、テキーラに「キツいお酒」というイメージがあるのは、ショットで一気飲みしていることが関係していると思われます。
実のところ、テキーラのアルコール度数は38度もしくは40度が主流で、ウイスキーやジンなどより度数は低い傾向が。
しっかり味わってみると、実はテキーラは独特の甘みがあり、味わい深いお酒だということがわかっていただけるかと思います。

特に「プレミアムテキーラ」と呼ばれる近年大人気のアガベ100%のテキーラでは、品質・味わいの良さもあり、こちらの飲み方の方が各銘柄の魅力を味わうことができるでしょう。

プレミアムテキーラではライムはいらない?

テキーラと言われてイメージする一般的な銘柄の多くは、実は「ミクストテキーラ」と呼ばれ、原材料にアガベ以外のものも混ぜて作っています。
これは、安価である一方、どうしても雑味やエグ味を感じてしまい、みなが飲みやすいと感じるものではないというのが正直なところ。
そのため、このようなミクストテキーラの場合「ショットで塩&ライム」の飲み方の方が適しているかもしれません。

しかし、原材料にアガベのみしか使用しないプレミアムテキーラ(アガベ100%テキーラ)では、雑味やエグ味のない複雑な味わいが与えられており、少しでも高品質のテキーラを造るために生産者もこだわりをもっています。
そのため「うちのテキーラではライムや塩は使わないように」とお願いする生産者もいるほど。
現に、ハリウッドスターのジャスティン・ティンバーレイクが手がける「901(現サウザ901)」では、「ライムがいらないテキーラ」として大々的にプロモーションされていました。

このような背景もあり、「テキーラはこの飲み方」と決めつけずに、シュチュエーションやテキーラの種類によって、飲み方を変えていくのが良いのかもしれません。

他にも多様なテキーラの飲み方が一般化

テキーラのソーダ割り

ここまでご紹介した飲み方以外にもテキーラには多様な飲み方があります。
マルガリータやテキーラサンライズなどのカクテルもそうですが、近年はよりカジュアルな飲み方が一般化してきています。

例えばテキーラのソーダ割り。
テキーラハイボールとも呼ばれますが、銘柄の個性を活かしつつ喉越しや爽快感を得られるので、プレミアムテキーラなどでもしばしば用いられる飲み方です。
好みでライムやレモンを絞ればフレッシュ感も得られます。

また、本場メキシコでもコーラなどの炭酸飲料で割った飲み方が一般化するなど、他の多くのお酒と同様、テキーラの楽しみ方も多様になってきました。
これらを踏まえれば、「ショットで塩&ライム」だけが王道の飲み方ではないことがわかります。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでテキーラの飲み方について解説してきました。
近年は日本でも、プレミアムテキーラが普及してきたこともあり、「ショットで塩&ライム」は間違い(もったいない)という意見が出てくるようになったのかもしれません。
しかしそもそもその飲み方はメキシコでは伝統的な飲み方ですし、間違いということはありません。

冒頭でも触れましたが、テキーラに「正しい飲み方」があるわけではありません
本記事で取り上げたように、多様な飲み方が一般化してきていますし、自分が美味しいと思う飲み方の方がテキーラを楽しめるでしょう。
「正しい飲み方」にとらわれず、自分にあった飲み方でテキーラを楽しんでいただければと思います。

それではこの辺で。

LiquorPageが運営として参画するジンのイベントが開催されます!
国内外のジンが大集合!絶好のロケーションでジンを楽しめる「GINfest. TOKYO 2018」の開催が決定!

【参考文献】
テキーラ大鑑|廣済堂出版 著・林生馬

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. テキーラの特定名称・ブランコ、レポサド、アネホなど テキーラのブランコ、レポサド、アネホの違いを徹底解説!
  2. アネホなのに透明?ドンアグスティン・クリスタルアネホが日本初上陸! アネホなのに透明?ドンアグスティン・クリスタルアネホが日本初上陸…
  3. ドンフリオはなぜ人気? プレミアムテキーラの金字塔「ドンフリオ」人気のワケと魅力とは
  4. 世界のテキーラ売上TOP3 世界一売れているテキーラは?2015年のTOP3を発表!
  5. マルガリータ・レシピと作り方 自宅で作れる?テキーラカクテル「マルガリータ」レシピと作り方
  6. テキーラだけの特徴 他のお酒にはない!テキーラだけに存在するある特徴とは?
  7. テキーラのソムリエ「テキーラマエストロ」とは テキーラにもソムリエ資格が!?「テキーラマエストロ」の全貌に迫る…
  8. 定番プレミアムテキーラ プレミアムテキーラ入門・おさえておきたいオススメ8銘柄

新着記事

  1. 日本のクラフトジンに焼酎や柚子などが使用されてるのはなぜ?そもそもアリ?
  2. 日本酒の酒蔵見学に行くなら要チェック!国税庁の酒蔵マップがかなり便利
  3. 日本酒をガチで学びたい方必見!書籍「日本酒の基」が本格的すぎる
  4. あのギタリストが魅了され、オーナーになったテキーラ「カサノブレ」
  5. シトラス香る豪州産プレミアムトニックウォーター「CAPI」の魅力に迫る
PAGE TOP